grape [グレイプ] society

「電車で泣いた」「本当にありがとう」 羽生結弦の『言葉』に感謝の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

2021年3月11日で、東日本大震災発生から10年が経ちます。

この地震に見舞われ被災をした一人、フィギュアスケーターの羽生結弦選手。

同日サンケイスポーツは、羽生選手が被災した人々へ向けてつづった『メッセージ』を公開しました。

羽生結弦「でも、やっぱりいわせてください」

震災から10年を経てもなお、故郷へ戻ることができない人や行方が分からない人も多くいます。

仙台市の自宅が全壊し、自身も避難生活を経験したという羽生選手。

さまざまな心の傷を負いながら、日々生きる人たちへこのようなメッセージを贈っています。

最近は、あの日がなかったらとは思わないようになりました。それだけ、今までいろんなことを経験して、積み上げてこれたと思っています。

そう考えると、あの日から、たくさんの時間が経ったのだなと、実感します。

こんな僕でもこうやって感じられるので、きっと皆さんは、想像を遥かに超えるほど、頑張ってきたのだと、頑張ったのだと思います。すごいなぁと、感動します。

数えきれない悲しみと苦しみを、乗り越えてこられたのだと思います。

(中略)

本当に、10年間、お疲れ様でした。

10年という節目を迎えて、何かが急に変わるわけではないと思います。

まだ、癒えない傷があると思います。街の傷も、心の傷も、痛む傷もあると思います。

まだ、頑張らなくちゃいけないこともあると思います。

簡単には言えない言葉だとわかっています。

言われなくても頑張らなきゃいけないこともわかっています。

でも、やっぱり言わせてください。

僕は、この言葉に一番支えられてきた人間だと思うので、その言葉が持つ意味を、力を一番知っている人間だと思うので、言わせてください。

頑張ってください

あの日から、皆さんからたくさんの「頑張れ」をいただきました。

本当に、ありがとうございます。

僕も、頑張ります

サンケイスポーツ ーより引用

羽生選手は、復興に向けて懸命に生きてきた人々へ、簡単にはいえないことを理解しつつも、「頑張ってください。僕も、頑張ります」という言葉を改めて贈ったのです。

震災だけではなく、世界という舞台でさまざまなプレッシャーや厳しい練習に耐えてきた羽生選手。

誰よりも「頑張れ」の持つ力を知っている、羽生選手だからこそいえる言葉に、ネット上ではさまざまな声が上がっています。

・電車の中で読んでいて、涙が出そうになりました。まだまだ復興の途中。一歩ずつですね。

・あの時から「頑張れ」って言葉が嫌いでした。でも、羽生くんの「頑張れ」は何か違うものを感じますね。ありがとう。

・羽生さんの頑張る姿に、どれだけの人が励まされたことか…。失ったものは元には戻らないけど、少しずつ前へ進んでいきたいと思えました。

10年が経過してもなお、被災した人々は、あの時の傷跡と向き合いながら生きています。

私たちがやるべきことは、震災の経験を風化させることなく、次の世代へ正しくつなげていくことだといえるでしょう。

出典
サンケイスポーツ

Share Post LINE はてな コメント

page
top