grape [グレイプ] entertainment

「五輪開会式で渡辺直美をブタに」発案が炎上 渡辺直美のコメントに称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年3月17日、東京五輪・パラ五輪の開閉会式の企画・演出で統括役を務める、クリエイティブディレクターの佐々木宏氏の発言が週刊誌で報じられました。

その内容は、タレントの渡辺直美さんにブタをモチーフにした衣装を着せ、『オリンピッグ(ブタ)』というキャラとして式典に起用するというもの。

ネットでこの件が報じられると、批判する声が殺到。「他人の体型を下品なネタにするなんて」「ブタに例えるのは侮辱している」と怒りの声が上がりました。

同日、佐々木氏は大会組織委員会を通して「心から反省し、お詫び申し上げる」とコメントしています。

『オリンピッグ』問題に渡辺直美がコメント

翌18日、所属事務所である吉本興業ホールディングス株式会社のウェブサイトに、渡辺さんがコメントを掲載。

議論を呼んでいる『オリンピッグ』の話題について、渡辺さんは冷静に思いを明かしています。

「オリンピックの件ですが、去年、会社を通じて内々に開会式への出演依頼をいただいておりましたが、コロナの影響で オリンピックも延期となり、依頼も一度白紙になったと聞いておりました。

それ以降は何も知らされておらず、最初に聞いていた演出とは違うこの様な報道を受けて、私自身正直驚いております。

表に出る立場の渡辺直美として、体が大きいと言われる事も事実ですし、見た目を揶揄されることも重々理解した上でお仕事をさせていただいております。

実際、私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい所存でございます。

しかし、ひとりの人間として思うのは、それぞれの個性や考え方を尊重し、認め合える、楽しく豊かな世界になれる事を心より願っております。

私自身まだまだ未熟な部分もありますので、周りの方にご指導いただきながら、これからも皆様に、楽しんでいただけるエンターテイメントを作っていけるよう精進して参りたいと思います。」

吉本興業ホールディングス株式会社 ーより引用

ひと昔前は、人の身体的特徴や生まれ持った性質を『笑いのネタ』にすることが当たり前のように行われてきました。

しかし時代は移り変わり、人権意識は日々アップデートされています。2021年の価値観でいうと、体型を他人が笑いのネタにするのは批判されてしかるべき行為といえるでしょう。

怒りや不快感をあらわにせず、冷静に人権意識についての考えを述べた渡辺さん。その対応に、多くの人から称賛する声が上がっています。

・渡辺さんの対応の、なんと素晴らしいことか。こういうのを『大人の対応』っていうんですね。

・ブタに例えるだなんて、世間の認識的には侮辱でしょう。発想が小学生のいじめみたい。

・渡辺さんが自ら体型をネタにするのと、他者がいじるのは全然違う。

自分の体型を個性と受け入れている人もいれば、コンプレックスを抱えて苦しい思いをしている人もいます。

渡辺さんのコメントは、苦しんでいる人の心にも寄り添ってくれたのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
吉本興業ホールディングス株式会社産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top