grape [グレイプ] society

松山英樹、日本人男子初のマスターズ優勝 「もらい泣きした」「歴史的快挙」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年4月11日、アメリカ・ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで、男子ゴルフのメジャー選手権『マスターズ・トーナメント』の最終ラウンドが行われました。

2位に4打差をつけて最終ラウンドをスタートした松山英樹選手が、4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで、2位のウィル・ザラトリス選手に1打差をつけて逃げ切り優勝。日本人選手初のメジャー制覇を達成しました。

マスターズの優勝者に贈られる栄光の『グリーンジャケット』に日本人選手として初めて袖を通すことができた、松山選手。

サンケイスポーツによると、松山選手はラウンド後現地テレビ局のインタビューで「今日は朝からずっと緊張してたんで、最後まで緊張しっぱなしで終わりました」と答え、日本人のマスターズチャンピオンが生まれたことについて、次のように語っていたといいます。

これまでメジャーで勝てなかったことが僕が勝ったことによってこれから先、日本人がすごく変わっていくんじゃないかなと思って。

それに僕がもっともっと勝てるように頑張ろうと思います。

サンケイスポーツ ーより引用

ネット上では、祝福や喜びの声が相次ぎました。

・松山選手のマスターズ優勝に、朝からもらい泣きしてしまった。夕暮れのオーガスタの映像が美しすぎる…。

・素晴らしい瞬間を見届けた。こんな日が来るとは…最高です!

・すごすぎる!優勝の瞬間、実況や解説陣がみんな声を詰まらせて泣く姿に、涙腺が崩壊しました。

歴史的快挙を果たした松山選手。本当におめでとうございます!


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top