泣きそうになった…高校生活最後のお弁当、中には母からの手紙

出典:@yuuki19980227

宮崎の高校に通う勇貴さん。高校生活最後のお弁当を広げると、そこには、毎日愛情を込めてお弁当を作ってくれた、お母さんからの手紙が入っていました。

とうとう高校最後の弁当になってしまいました。

この手紙を見た勇貴さんは、いつも美味しいお弁当が、いつも以上に美味しく感じたそうです。

18900_00

手紙の最後に書かれた「ありがとう」という言葉。勇貴さんのお弁当を作ることが、お母さんにとっての幸せだったのかもしれませんね。

勇貴さんはこのあと、手紙の裏に返事を書いてお弁当の袋に入れ、その返事を見たお母さんはこっそり涙を拭っていたそうです。

社会に出てコンビニ弁当や外食が増えると、「お母さんのお弁当って、本当に美味しかったんだな…」と、改めて感謝の想いが生まれたのを思い出しました。

普段は恥ずかしくて言えない言葉も、節目節目で伝えていきたいですね。


※記事内の画像は投稿者様に許可を得て掲載しています。無断使用、無断転載はご遠慮ください。

出典
@yuuki19980227

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop