シンガポールのカフェで授乳をした母親 会計時に渡されたカードに感動

※写真はイメージです

シンガポール在住の日本人ブロガー、anzuさん。anzuさんが体験し、ご自身のブログ「ダーリンはパイロットinシンガポール」に執筆なさった、心温まる出来事をご紹介します。現在、子育てをされているお母さんに、ぜひ読んでいただきたいエピソードです。

シンガポールのカフェでの思いがけない出来事

ある日、anzuさんはご家族でシンガポール国立美術館を訪れました。彼女はその美術館の中にある【Food for Thought】というカフェで休憩をとることに。レモングラスティーとスコーンをいただきながら、ゆっくりとしていたそうです。

21603_01

お茶を飲みながら、写真を撮ったり、娘さんに授乳したりして、ゆっくりしてから、そろそろ行きますか!と席を立ったanzuさん。ご主人がお会計をする間、彼女は先に娘さんとお店を出てすぐ近くのホールで待っていたそうです。

しかし、ご主人がなかなか戻ってきません。心配しながらテーブルへ戻ったanzuさんにご主人はこう聞いたそうです。

「お会計いくらだったと思う?ここで授乳した?」

anzuさんが「ええ、しましたとも、あなた隣に座ってたじゃないの」と答えるとご主人は…。

「コレ見て!君の分タダになったんだよ!授乳したママに感謝して無料なんだって!今月は授乳月間らしいよ」

ご主人はそう言ってanzuさんにカードを渡しました。

21603_02

これを手にとって読んだとき
もうなんだかこみ上げてくるものが
あって涙が出てしまいました。

おっぱいあげるなんて
もうこの3年ずっと続けていて
誰にも感謝されることなく
ただただ普通に
日々の営みとして
こなしてきているのに
まさかのまさかで
こんな形で
第3者に感謝状をいただけるとは。

しかもこのカードの内容が
あまりに感動的で・・・

『ダーリンはパイロットinシンガポール』 ーより引用

anzuさんが感動して涙したというカード。以下が彼女のブログに載っている内容の意訳です。

素敵なママへ!

あなたのお腹にその小さな
命が宿ったその瞬間から
あなたが「与える」ということに
勤しむようになったって
知っているよ。

それはささいなことかもしれない。

コーヒーを飲む量を控えたり
お刺身を食べるのを止めたり。

もしかしたら夢や希望を
しばしの間諦めた人も
いるんじゃないかな。

自分の身体全部を
この新しい変化に捧げ、
気持ちさえも新たな心配事に
押し倒され
心もさまざまな痛みに
耐えてきた。

誰にも邪魔されず眠ることや
自由に過ごす週末さえ
叶わなくなったよね。

犠牲と責任、そして
新たに芽生えた愛の世界へ
踏み出したあなた。

母であることは
大変なのに、人知れず、
けれどとても神聖なもの。

母であることを選んだあなたを
私たちは誇りに思います。


いつも「与え」てくれてありがとう。
今だけは「与えられる」ことを
楽しんでいただければ。

これは私たちからの
ほんの小さなプレゼントです。

愛をこめて
Food for Thought

『ダーリンはパイロットinシンガポール』 ーより引用

そしてanzuさんはブログの中で、がんばるママたちにこんなメッセージを送っています。

今夜も夜勤のママ達!
コレ読んで泣いて、
そして明日もがんばろーーー!!!

こんな素敵なカフェが
シンガポールにはあるんだよ!!
日本がんばれ!
やれば出来る!

『ダーリンはパイロットinシンガポール』 ーより引用

なんて素晴らしいカフェなのでしょう!毎日毎日24時間休むことなく子育てをがんばっているお母さんたち。日本はもちろん世界中が、このカフェのようにそんなママたちを敬い、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても、より優しい場所になっていくといいですね。

出典
ダーリンはパイロットinシンガポール

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop