医師が諦めた死産の子 母親と父親の胸に抱かれて奇跡が起こる

出典:YouTube

オーストラリアに住むデビットさん、ケイトさん夫婦。彼らは長年子どもに恵まれずにいましたが、念願の子ども、しかも双子を授かり大変に喜んでいました。

その後、順調に成長をしていた双子でしたが、6ヶ月妊娠26週での急変、早産の危機に見舞われます。

羊膜に包まれたまま生まれて来た双子の赤ちゃん。後から生まれた娘エミリーは、羊膜から出ると直ぐに鳴き声をあげました。しかし、エミリーの2分前に生まれて来た息子ジェイミーは声をあげることはありませんでした。

医師は懸命に蘇生処置を行いましたが、20分後、死亡が確認されました。医師は別れを告げるようにジェイミーを母ケイトへと渡しました。

ケイトはジェイミーを胸に抱き、そしてデビットにもシャツを脱いでジェイミーを温めるように言いました。念願の子どもがこのような結果になった事に罪悪感を感じ、ただ冷たくなったジェイミーを温めてあげたかったと。

12981_03

ふたりはジェイミーを胸に抱き、涙ながらに、彼の名前のこと、一緒に生まれた妹のこと、パパとママがふたりを待っていたこと、この世の楽しいさを、ジェイミーを誘惑するように語りかけました。

出典
Loving Touch & Mom's Intuition: Kate Ogg & Jamie’s Story

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop