grape [グレイプ] entertainment

山崎育三郎と西田有志の対談 前向きな考え方に「参考になる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優で歌手の山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)さんと、 バレーボール日本代表の西田有志(にしだ ゆうじ)選手が 所属事務所・研音のYouTubeチャンネル『Ken Net Channel-研音official-』に出演しました。

異色のコラボが繰り広げた、対談動画が話題となっています。

山崎育三郎と西田有志の対談に反響

ノープランで集合した2人は、山崎さんが運転する車でドライブをしながら、ざっくばらんに車内トークを繰り広げていきます。

高校生のときにV.LEAGUE(ブイリーグ)に挑戦したり、卒業後すぐにプロ契約をしたり、さらにはバレーボールリーグの世界最高峰と呼ばれるイタリア『セリエA』への移籍を発表するなど、 挑戦の歴史を築いてきた西田選手。

山崎さんは西田選手に「常に何か挑み続けているイメージがあるが、挑戦する気持ちはどこから生まれるのか?」と質問します。

西田選手は、「もともと持ってるものであると思いますけど、挑戦して失敗をしたいっていう気持ちがあるんですよ」と回答。

西田:
プロになる時も周りの人に結構相談したんですよ。
すると「絶対うまくいかない」みたいなことを言われるんですよ。
それ僕、めっちゃムカついて。

Ken Net Channel -研音official- ーより引用

高校を卒業して、即プロ契約を結ぶ際も、周りから反対の声が多くあったといいます。

12歳からミュージカルの世界に入り、30歳手前にして、テレビの世界へ初めて挑戦した山崎さんは、 自身の経験から、「めっちゃ分かる」と共感しました。

山崎:
テレビで活躍したい人は、ミュージカルの何百倍もいる。
そんな世界に30歳でゼロから飛び込むってことに対してはいろんな声があった。

でも、みんなが批判したり、ダメだっていうところにしかチャンスはないし、
新しい景色は見れないといつも思ってて、
みんながいいっていうと、逆をいきたくなるタイプ。
常に挑みたい思いはあるんで、めちゃくちゃ共感できる。

Ken Net Channel -研音official- ーより引用

ステージは違えど、第一線で活躍を続ける2人には、『常にリスクを負って挑戦をし続ける』という共通点がありました。

また、西田選手は、これからの挑戦に対しても胸中を明かしました。

西田:
イタリア行くの発表してますけど、正直うまくいかないと思ってるんですよ。
うまくいかなかったら一歩引こうっていう気持ち。
でも、何かインパクトを残して帰ってきたい。

山崎:
絶対やったほうがいい、やった人しか見えない景色もあるし、何が起こるかわからないし。

西田:
だから楽しいですよね。

山崎:
誰もやってないところに初めにいった人にしか見えない景色は絶対ある。全力で応援します。

Ken Net Channel -研音official- ーより引用

西田選手はリスクある挑戦を「楽しい」と表現し、山崎さんは「絶対にやるべき」と強く背中を押しました。

2人の考え方に対し、ネット上では多くの反響があがっています。

・こんな濃い内容の対談が聞けてめちゃくちゃ嬉しい!

・2人の考え方はとても参考になりました。

・チャレンジャーな2人に素敵な未来が来ますように!

2人は本企画が初対面でしたが、共通点が多いゆえに、そうとは思えないほど盛り上がる対談となりました。

失敗や批判を恐れず、常にポジティブで、チャレンジを続ける2人の姿勢は見習いたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Ken Net Channel -研音official-

Share Tweet LINE コメント

page
top