grape [グレイプ] trend

広島に転校した子供の『恐怖体験』に共感の嵐 「ほんとそれ」「あるある」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

どこにでも、その地域特有の文化や流行はあるもの。引っ越しや旅行で見慣れぬ土地を訪れた際、驚くこともあるでしょう。

漫画アプリ『GANMA!』で『兄だったモノ』を連載している、漫画家のマツダ ミノル(@MATUDAMINORU)さんが描いたのは、広島県にまつわるエピソード。

教員として働いているマツダさんの母親は、以前、広島県に引っ越してきた子供からある疑問を投げかけられたといいます。

広島県特有の光景に対し、恐怖に近い感情を覚えた子供。その理由は、誰もが納得するものでした。

そう、他県から転校してきた子供が驚かされたのは、地域ぐるみでの野球チーム『広島東洋カープ(通称:広島カープ)』の応援!

同チームは広島県を保護地域としており、専用球場も同県広島市に存在します。また、地元密着型であることも知られており、地元住民との交流が盛んです。

そのため広島県内では『広島カープ』の人気が高く、街のあちこちにチームのロゴや、マスコットキャラクターである『カープ坊や』を目にします。

※写真はイメージ

※写真はイメージ

※写真はイメージ

「これでもか!」といわんばかりの『広島カープ』推しには、この子供に限らず、他県から来た多くの人が驚いたのではないでしょうか。

マツダさんの投稿は拡散され、現に多くの人から「ほんとこれ」「あるある…」といった共感する声が寄せられました。

また、広島県に住んでいる人からは「これが広島や!」「見慣れすぎてて気にしてなかった」という声も。

『広島カープ』は生活の一部として、もはや意識すらしないほど広島県民の日常になじんでいるようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@MATUDAMINORU

Share Tweet LINE コメント

page
top