grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンのフリースの評判は? 「コスパがいい」「暖かい」

By - ドルフィン  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

高品質で低価格な商品を、数多く販売しているワークマン。過酷な現場で働く職人から、カジュアルに着こなしたい一般の人まで、ワークマンの商品は幅広く愛用されています。

寒い日の防寒用や、サッと着られる手軽さから、フリース素材は大人気。ワークマンにも、個性的なフリース素材の商品が、たくさんありました。

気になった3種類の商品を購入し、体験レビューとしてまとめています。

パンツやグローブなど、特徴的なフリース素材の商品の情報も集めたので、興味のある人はチェックしてくださいね。

※この情報は、2022年1月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ワークマンのフリース コスパのいい3商品を発見!

ワークマンの店舗へ行った時に、フリース素材で気になった商品を3つ見つけました。

・ダイヤフリース裏アルミジャケット

・ヒーターボアフリースベスト

・WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ

3つとも、フリース素材に期待する防寒性能は備わっている印象です。中には、内蔵されているヒーターが発熱し、カイロを貼っているような感覚になった商品も。

筆者は172cmで細身から普通くらいの体型なので、サイズ感の参考にしてください。

購入したフリース素材の商品の詳細を、見ていきましょう。

ワークマンのフリース 『ダイヤフリース裏アルミジャケット』

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』の基本情報はこちら。

※写真の商品はダイヤネイビー

・素材:ポリエステル

・サイズ:S、M、L、LL、3L

・色:ダイヤホワイト、ダイヤベージュ、ダイヤブラック、ダイヤゴールド、ダイヤカーキ、ダイヤネイビー

・価格:1900円(税込)

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』は、機能性とデザイン性の両立をコンセプトにしている、ワークマンの独自ブランド『フィールドコア (FieldCore)』の商品。

アウトドアからタウンユースまで、幅広く活用できるという声が多くありました。

特徴的なダイヤフリース仕様は、暖かさはもちろんのこと、ずっと触っていたくなるような、ふかふかした肌触りを実現。毛布のような優しい着心地がします。

防寒性能を高めるアルミプリントを裏地に採用しているので、ちょっとしたアウターにもぴったりでしょう。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』の着心地

Mサイズを着用しましたが、窮屈ではなかったです。

丈や腕の長さ、首周りなどのサイズ感はぴったり。アウターとして着ようと考えている人は、ワンサイズ大きめにしたほうが、使いやすいかもしれません。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』は背中部分が特に暖かく、着ているとぽかぽかしてきました。極寒地でなければ、アウターとしても活躍することでしょう。

イメージとのズレを避けるためにも、試着をおすすめします。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』の機能

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』には、5つの機能がありました。

・ダイヤフリース素材になっている。

・脇の部分がストレッチニット仕様になっている。

・裏地がアルミプリントになっている。

・ポケットが5個ある。

ダイヤフリース素材から、確認していきましょう。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』は、ふかふかした肌触りが特徴の、ダイヤフリースを使っています。

ダイヤフリース素材

近くで見ると、フリース素材がダイヤモンド状になっていますね。ダイヤフリースは毛布のように柔らかく、ずっと触っていたくなりました。

脇部分は、動きやすさを重視した、ストレッチ素材になっています。

ストレッチ素材

手で強く引っ張ってみたところ、ストレッチ性を確認できました。縦よりも横の柔軟性が高い印象です。

アウトドアや自転車に乗るなど、アクティブに動く人には、嬉しい仕様でしょう。

裏地は背中部分を中心に、アルミプリントが施されていました。

裏地のアルミプリント

アルミプリントは、遠赤外線を放出する特徴があり、着た時の保温性を高めます。多くのアウトドア用品に、使われていますね。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』を着ていると、背中部分がぽかぽかするのは、アルミプリントの効果でしょう。

ポケットは、表側の両サイドに2個と、左胸に1個。裏側の両サイドに2個の、計5個あります。

手や小物が入る表側の両サイドにあるポケットは、裏地がフリース素材だったので、暖かかったです。

表側のサイドポケット

胸ポケットは、伸縮するストレッチ素材。収納したものが落ちにくい、ファスナー付きです。

表側の胸ポケット

裏側のポケットは500㎖のペットボトルが縦に1本、らくらく入るほどの大きさ。

裏側のサイドポケット

500㎖のペットボトルを入れても余裕があるほど大容量でした。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』は税込み1900円ながら、機能面が充実している印象です。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』の口コミ

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』の口コミを集めました。

・暖かくて着心地がいい。外出時だけではなく、部屋でも着ています。

・「安かろう悪かろう」と思ってたけど、ぜんぜん違った。機能的で使いやすい。

・ふかふかしていて、気持ちがいい。手放せないアイテムです。

『ダイヤフリース裏アルミジャケット』のコストパフォーマンスや、機能面に満足している声が多くあります。

ずっと使い続けたくなるような、アイテムかもしれませんね。

ワークマンのフリース 『ヒーターボアフリースベスト』

『ヒーターボアフリースベスト』の基本情報はこちら。

※写真の商品はカーキ

・素材:ポリエステル、ポリウレタン

・サイズ:S、M、L、LL、

・色:ブラック、カーキ

・価格:3900円(税込)

『ヒーターボアフリースベスト』は、電熱ヒーターを内蔵した商品。別売りのバッテリーをつなげると、カイロのように発熱するそうです。

防寒機能はヒーターだけではなく、繊維と繊維の間に、空気の層を作るパイルフリースを使うことで、外気に熱を奪われにくくしました。

ほかのワークマン商品と組み合わせることができる、『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載しているのも特徴です。

反射プリントや大容量ポケットも付いている『ヒーターボアフリースベスト』は、使いやすいフリース素材のベストしょう。

『ヒーターボアフリースベスト』の着心地

Lサイズを着用しましたが、少しだけ大きく感じました。

ですが、インナーを厚めに着たかったり、ゆったり着こなしたり、ゆとりを持ちたい人は、大きめでもいいかもしれません。

内蔵しているヒーターを使わなくても暖かく、ボリューム感のあるパイルフリースの温もりを感じました。

試しにヒーターを点けてみると、カイロを貼っているかのような暖かさに。じわーっと背中から熱が広がり、心地よかったです。

発熱する電熱シートは、首と腰部分の2箇所。『コ』の字に縫われているところに、電熱シートが入っています。

首の電熱シート

腰の電熱シート

アウターやミドルインナーなど、ベストの用途は多くあるので、好みのサイズを見つけるためにも、試着はしたほうがいいでしょう。

『ヒーターボアフリースベスト』の機能

『ヒーターボアフリースベスト』には4つの機能がありました。

・ヒーターを内蔵している。

・保温性とボリューム感のあるパイルフリースを採用している。

・反射プリントが付いている。

・ポケットが6個ある。

内蔵されているヒーターから、確認していきましょう。

ヒーターの起動には、別売りのバッテリーが必要です。バッテリーが用意できたら、右ポケットの中にある、専用ケーブルにつなげてください。

接続ケーブルとバッテリー

バッテリーの電源をオンにすると、『ヒーターボアフリースベスト』の右胸にある電源ボタンが、赤く点滅しました。

赤い点滅から青色に変わると、ヒーターが起動します。

ヒーターは、『高(約50℃)』『中(約45℃)』『低(約40℃)』の3段階の温度調節が可能で、電源ボタンを1回押すたびに切り替わりました。

温度調節『高』

温度調節『中』

温度調節『低』

バッテリーの種類にもよりますが、『高』は約4.3~11時間、『中』は約6.5~18時間、『低』は約16~24時間以上、ヒーターを使えるそうですよ。

『ヒーターボアフリースベスト』は全面にパイルフリースという、保温性とボリューム感のある素材を使っています。

パイルフリース素材

普通のフリースよりも丈夫で、肉厚な印象でした。

首元には、視認性を高める反射プリント付き。暗闇の中でライトに照らすと、『WindCore』のロゴが、銀色に光りました。

反射プリント

ポケットは、表側の両サイドに2個と、左胸に1個。裏側の両サイドに2個と、右胸に1個の、計6個。

手や小物が入る両サイドのポケットは、ファスナー付きです。ポケットの中はムレにくい、メッシュ素材のような作りでした。

表側のサイドポケット

貴重品を入れて、サッと取り出すのに便利そうな胸ポケット。

表側の胸ポケット

伸縮性のあるゴムが付いた内側のポケットは大容量です。500㎖のペットボトルを縦に入れると、少し頭が出ますが気になるほどではありません。

裏側のサイドポケット

500㎖のペットボトルを横に入れると、ちょうど収まりました。

裏側のサイドポケット

裏側の右胸ポケットは、普通のスマートフォンがすっぽり入るほど。

『ヒーターボアフリースベスト』には、内蔵しているヒーター以外にも、たくさんの機能がありますね。

『ヒーターボアフリースベスト』の口コミ

『ヒーターボアフリースベスト』の口コミを集めました。

・カイロを貼っているみたいに暖かく、防寒着として普段使いしています。

・ヒーターを使わなくても暖かいので、バッテリーがなくても十分。

・倉庫作業や釣りの時に、ヒーターを活用しています。

『ヒーターボアフリースベスト』は、暖かいという評判が多くあります。

バッテリーを用意しなくても、保温性があるのは嬉しいですね。

ワークマンのフリース 『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』の基本情報はこちら。

※写真の商品はコールカーキ

・素材:綿、ポリエステル、ウレタン

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:ベージュ、ブラック、チェックチャコール、チェックレッド、コールカーキ

・価格:1900円(税込)

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』は、機能性とデザイン性の両立をコンセプトにしている、ワークマンの独自ブランド『フィールドコア (FieldCore)』の商品。

「アウトドアからタウンユースまで、幅広く活用できる」という声が多くありました。

裏地にマイクロフリースを貼り付けることによって、シャツにも関わらず、高い保温性を実現しました。着用すると毛布のような優しい温もりが身体を包みます。

表面は手触りのいいコーデュロイ素材を使用。シンプルなデザインは、どんなコーディネートにも合うでしょう。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』の着心地

Mサイズを着用したところ、サイズ感はぴったりでした。

アウターとして着ようと考えている人は、ワンサイズ大きめにしたほうが、着やすい印象です。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』は、裏地のほとんどがマイクロフリースになっているので、上半身が毛布で包まれているような感覚になりました。

収納ポケットは左胸に1個だけ。手ぶらで出かけるには心もとないかもしれません。

普段使いのシャツとして着るか、大きめのシルエットにしてアウターとして活用するか、好みに合ったサイズ感を見つけるためにも、試着をしたほうがいいでしょう。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』の機能

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』には、2つの機能がありました。

・生地の裏にマイクロフリースを貼り合わせている。

・手触りのいいコーデュロイを採用している。

裏地に貼られている、マイクロフリースから確認していきましょう。

エナメルのような光沢がある黒色のマイクロフリースは、首元を除いた裏地に貼られています。

裏地のマイクロフリース

着る毛布のような心地がしたのも、惜しむことなくマイクロフリースが貼られているからでしょう。

表側は保温効果のある、コーデュロイ仕様。

コーデュロイ仕様

縦にうねった質感が、デザイン的にも映えますね。

ボタンは少し金属的な質感があるので、高見えするのではないでしょうか。

ボタン

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』は、見た目はシンプルなシャツながら、寒い日にも活躍しそうです。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』の口コミ

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』の口コミを集めました。

・暖かくて着やすい。大人っぽい落ち着いたデザインなのも、気に入っています。

・素材もボタンもしっかりめの作りなので、安心感がありました。

・安いし暖かいし着やすいし、色違いでそろえました。

シンプルなデザインと、シャツとは思えない優れた防寒性が、評判のようですね。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)マイクロフリースシャツ』は、使い勝手のいいフリース素材のウェアでしょう。

ワークマンのフリース ミドルインナー・アウター以外の商品も

ワークマンには、ご紹介したミドルインナー・アウター用以外にも、フリースを使った商品が多くあります。

パンツやグローブなど、特徴的なフリース素材の商品を5つピックアップしました。

・WARM SHIELD(ウォームシールド)フリースワイドパンツ

・FLEECE GLOVE(フリースグローブ) 1双

・裏フリースダウン風スリッポン

・ブロックウーブン長袖フリースクルーネック

・レディースマイクロフリースワンピース

商品情報をまとめているので、ワークマンでフリースを探している人は、参考にしてください。

WARM SHIELD(ウォームシールド)フリースワイドパンツ

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ポリエステル、ポリウレタン

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:ブラック、カーキ、ダークグレー

・価格:1900円(税込)

機能

・生地の裏にマイクロフリースを貼り合わせている。

・手触りのいいコーデュロイを採用している。

『WARM SHIELD(ウォームシールド)フリースワイドパンツ』は、裏地に毛布のような優しい温もりがある、マイクロフリースを貼り合わせた商品。ボリューム感のあるシルエットです。

デザイン性のあるコーデュロイは、保温性もある優れもの。お洒落アイテムとして、1本は持っていると便利でしょう。

FLEECE GLOVE(フリースグローブ) 1双

※写真の商品はグレー

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:S、M、L/p>

・色:いぬ(Lなし)、グレー、ブラック、パンダ(Lなし)、ブラウン

・価格:499円(税込)

機能

・保温性の高いフリース素材を採用している。

・家族で楽しめる柄・色違いがある。

・タッチパネルに対応している。

『FLEECE GLOVE(フリースグローブ) 1双』は、保温性の高いフリース素材の商品。シンプルなデザインだけではなく、かわいい動物の柄があり、家族で楽しめそうですね。

指先や掌部分に特殊な加工がされているので、グローブを着けたままタッチパネルの操作ができるようになっています。

低価格で機能的なグローブでしょう。

裏フリースダウン風スリッポン

※写真の商品はグレー

基本情報

・素材:ナイロン、合成底

・サイズ:SS、M、L、LL、3L

・色:グレー、ブライトイエロー、カーキ、パープル、オフホワイト(SSなし)、レオパード(SSなし)

・価格:1500円(税込)

機能

・フリース素材で足元がぽかぽかする。

・甲部分が肉厚素材で暖かい。

『裏フリースダウン風スリッポン』は、裏地がフリース素材なので、足元がぽかぽかする商品。甲部分が肉厚になっていることも、保温性を高めています。

サッと脱ぎ、サッと履ける、らくらくスリッポンは、仕事靴からリラックスシューズまで、活躍するでしょう。

ブロックウーブン長袖フリースクルーネック

※写真の商品はネイビー

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:ブラック、カーキ、オレンジ(3Lなし)、ネイビー、ダークパープル(3Lなし)

・価格:980円(税込)

機能

・肩にある高密度生地が、擦れによる毛羽立ちを防ぐ。

『ブロックウーブン長袖フリースクルーネックの基本情報』は、肩部分を高密度生地にしたことで、擦れによる毛羽立ちを予防した商品。一般的なフリース素材の長袖より、耐久性があります。

暖かくて丈夫な、使いやすい長袖でしょう。

レディースマイクロフリースワンピース

※写真の商品はアイボリー

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:M、L

・色:アイボリー、ベージュ、杢グレー

・価格:1900円(税込)

機能

・肌触りのいいマイクロフリース素材を採用している。

『レディースマイクロフリースワンピース』は、毛布のような優しい温もりがある、マイクロフリースを使った商品。ゆったりしたシルエットは、ルームウェアにもいいでしょう。

袖の左側には、調整可能なファスナースリット付き。着心地のいいワンピースは、快適な暮らしをサポートしてくれそうですね。

ワークマンのフリース 低価格で高品質なアイテム

ワークマンのフリースは、リーズナブルなだけではなく、暖かくて機能的な商品が多くありました。ウェアに限らず、グローブや靴など、バリエーションが豊かなのも特徴です。

フリースは寒い日にぴったりの素材。ワークマンのフリースならば、きっと期待に応えてくれることでしょう。

ワークマンはほかにも、外出時に暖かく過ごせる防寒着を発売しているので、気になる人は下から記事を確認してくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top