grape [グレイプ] trend

遠足の準備をする小1男子 先生の言葉を『勘違い』して…「めっちゃ和んだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

幼稚園や保育園、また学校行事の1つである遠足。

子供が幼いうちは親がすべての準備を行い、子供が大きくなってきたら、作業の一部を任せるなどするでしょう。

しかし、子供はミスをすることも多いものです。

いわれた通りに詰めたけど?

宮前(@miyamae24)さんの息子さんが、6歳だった時のこと。

自分でリュックに荷物を詰めている息子さんを、宮前さんは見守っていました。

すると息子さんは、家にある4個のカッパのぬいぐるみのうち、一番小さいものを選んで、なぜかリュックに入れたのです。

不思議に思った宮前さんが尋ねると、息子さんは自信満々にこういいました。

「先生が『雨が降るかもしれないからカッパも持ってきてね』といっていたの!」

もちろん、どの家庭にもカッパのおもちゃや雑貨があるはずもありません。

教師は遠足中の雨に備えて、子供たちに雨具の『カッパ(合羽)』を持ってきてもらおうとしたのでしょう。

しかし、家にたまたまカッパのぬいぐるみがあったため、息子さんは勘違いしてしまったのです!

「雨が降ったら、カッパのお皿を濡らしてあげないといけないよね!」と息子さんは納得して、リュックに入れたのかもしれませんね。

宮前さんによると、カッパのぬいぐるみは、すでに販売を終了している『ぬくまろ』シリーズの1つだとのこと。

かわいらしい勘違いに、心和んだ人は多いようです。

・めっちゃ和んだ。

・笑った。かわいらしい勘違い。

・どっちのカッパも必需品…ですからね!

・同じ河童のぬいぐるみ、2個持っています。

・同じカッパのぬいぐるみを持っている人が多くて、ビックリした。みんなおそろい!

「レインコートを持ってきて」といわれていたら、生じなかったかもしれない勘違い。

教師も、カッパのぬいぐるみを持っている子が自分のクラスにいるとは、思わなかったのかもしれません。

息子さんが遠足に行っている間、カッパのぬいぐるみは家でお留守番…ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@miyamae24

Share Tweet LINE コメント

page
top