grape [グレイプ] trend

「子供がうらやましい」 字を教えるために父親が『あるもの』を作って?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

幼い子供に読み書きを覚えてもらうため、さまざまな工夫をしている保護者は少なくありません。

子供を育てる父親であり、漫画家の石黒正数(@masakazuishi)さんは、字を教えるための『教材』を手作りし、Twitterに投稿しました。

その教材は、ひらがなを一文字ずつ理解している状態から、単語、そして文章として認識する段階へ進むのに、とても効果があったそうです。

どのような教材なのでしょうか。早速こちらをご覧ください!

描かれているのは、石黒さんによるオリジナルキャラクター。

それぞれに名前と、強さなどの特徴がひらがなで記載されています。

個性的なキャラクターの絵を見た子供は、きっと「コレ何!?」と食いつくことでしょう。

そこで、キャラクターの正体を子供自身に調べさせ、文字を辿ればどんなキャラクターなのかが分かるということを、自然に教えたのです。

描かれているキャラクターは、少しずつ増えたものなのだとか。

投稿には、さまざまなコメントが寄せられていました。

・素敵すぎます!お子さんがうらやましい!

・目を輝かせながら、覚えたばかりのひらがなを1つずつ読み上げては興奮するさまが見えるようです。

・教育熱心で絵が超絶うまい父親っていいなあ~!「かなり」「なかなか」「とてつもなく」と、程度を表す言葉の語彙(ごい)も増やせるいい教材ですね。

・大人が見ても楽しいです!もし売っていたら絶対に買いますよ。

未知のキャラクターが生まれるたびに、楽しく文字を読む練習ができそうですね。

石黒さんによる手製の教材に、子供はもちろん、大人たちも心をつかまれたようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@masakazuishi

Share Tweet LINE コメント

page
top