grape [グレイプ] lifestyle

ニューバランスの定番『996』ってどんな靴? 特徴や履き心地、おすすめコーデは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※本記事はgrapeが独自に制作したコンテンツです。また、本記事を経由して商品の購入が発生した場合に、ECサイト等から送客手数料を受領することがあります。

機能性と美しいフォルムを併せ持ち、多くのファンから愛され続けているブランド『New Balance(ニューバランス)』。

その中でも定番といわれ、絶大な人気を誇っている靴の1つが『996』です。

世代を問わず愛され続ける996には、どのような歴史があるのでしょうか。

サイズ感や人気カラーとのコーデなど、ニューバランスの定番CM996(以下、996)を深堀りしていきます。

ニューバランスの定番はどうやって生まれた? 996の歴史は?

まず、ニューバランスはどのようにして生まれたのでしょうか。

ニューバランスは、1906年にアメリカ・ボストンで誕生。創業当初は「アーチサポートインソールや偏平足などをなおす矯正靴の製造メーカー」だったそうです。

そういったノウハウを活かし、1960年代にはランニングシューズの製造を開始します。

1972年には、従業員6名という小規模だったニューバランス社を、ジェームス・S・デービスという青年が買い取り。ランニングシューズの開発に乗り出します。

その後、ランニングシューズだけでなく、さまざまなジャンルの靴を生み出し販売。愛用者は着実に増えていきました。

Appleの創業者スティーブ・ジョブズが、晩年ニューバランスを愛用していたことはあまりにも有名です。

Amazonで見る

ニューバランスの定番996の誕生は?

「1000点満点中990点」といううたい文句とともに1982年に登場した『990』。その後、後継として1986年に『995』が発表されました。

そして1988年に『996』が登場し、以降、ニューバランスの顔として定番のシリーズとなっています。

現在996は、アメリカ製の『M996』とアジア製の『CM996』や『WL996』を展開。品質に定評のあるアメリカ製のM996は2万7千円前後からと値段は高めとなっています。

対して、CM996は美しいフォルムながら大量生産のアジア製ということもあって、1万5千円前後で購入することが可能です。そのため、CM996はコストパフォーマンスの高さから多くのユーザーに愛されている逸品といえます。

Amazonで見る

ニューバランスの定番996を履いてみた! その履き心地は?

ニューバランスの王道ともいえる996。どのような特徴があるのかを実際に履いてみた感想とともにご紹介します。

ニューバランスの定番996:履き心地

ミッドソールに従来のソールよりも軽い素材を用いた『C-CAP』を採用している996。軽い履き心地ながら、しっかりとしたクッション性を持っています。

アウトソールはフラットに近い形状をしているため、悪路というよりもタウンユースに向いているようです。

軽量化がなされているので、舗装された道路などを長時間歩くなら、996は心強い相棒となってくれるでしょう。

また、全体的に細身でスマートなシルエットの996は、横幅が少し細めの作りになっています。そのため、横からのフィット感が強く、いつもよりサイズアップして履く人が多くいるようです。

996の人気カラーは? 定番色はコーデしやすくおすすめ

スマートなデザインのため、カジュアルからきれい目まで、さまざまなコーデに合わせやすい996。

カラーも人気のグレーや定番のネイビー、ブラックなどさまざまな色があるので、服装の雰囲気に合わせて、何足持っていても困らない靴といえます。

実際に履いている人のコーデを見てみると、このような着こなしをしていました。

996の定番カラー:グレーでのコーデ

Amazonで見る

996の定番カラーであり、王道のグレーを履いた30代のおしゃれ男子のコーデがこちらです。

写真右は、ミリタリー系のパンツとニューバランスの相性のよい組み合わせ。

写真中央は、ジャケット×デニムの王道の組み合わせとニューバランスで、『休日のお出かけ』を意識したコーデです。

写真左は、清潔感のあるコーディネートを意識しています。

996の定番カラー:ネイビーでのコーデ

Amazonで見る

996の定番カラーネイビーを履いた2児の母、30代女性のコーデがこちら。

鮮やかなグリーンのシャツに、デニムとネイビーのニューバランス『996』の組み合わせです。

「なんか可愛いかな、と思って」という直感で選んだファッションなのだとか。

996の定番カラー:ブラックでのコーデ

Amazonで見る

996の定番カラーの1つであり、何にでも合わせやすいブラックを履いた、40代男性のコーデ。

ブルー系のジーンズに、白いジャケットを羽織り軽さを演出。インナーと996の色味を合わせたコーデになっているそうです。

スタイリッシュな見た目ながら、クッション性もよいニューバランスの定番スニーカー996。カラーバリエーションの豊富さや履き心地のよさから、1足は持っておきたいマストアイテムとなりそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazon

Share Post LINE はてな コメント

page
top