grape [グレイプ] entertainment

『魔法の杖』を開くと心も開けてくる 忙しい日々の中で、遊び心のあるほっとする瞬間

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

風船にキスをする女性の写真

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

『魔法の杖』に聞いてみれば

日本人にとって『おみくじ』は馴染みのあるもの。大吉が出たら大喜び。中吉くらいがちょうどいいな、と納得してみたり。

凶や大凶が出たら、おみくじなんて迷信、または引かなければよかったと後悔したり。大の大人であっても、ちょっと惑わされるのがおみくじです。

おみくじに少し似ていますが、吉とか凶とか関係なく、『神託』『メッセージ』を教えてくれるのがオラクルカードです。

美しい絵柄や、そのメッセージに伴った絵柄のカードをアトランダムに引きます。すると不思議なことに、その時の自分にフィットする言葉が書かれていたりするのです。

テーブルの上のタロットカードの写真

これらの言葉は、オラクルカードの作者が考えたものであったり、イエスやブッダの言葉などから引用されたものもあります。

特徴としては、おみくじのように『凶』に当たる言葉ではなく、ポジティブな言葉が綴られています。たとえば、(今日、大切にすることは何かな)と思って引いてみる。迷っているときのヒントを求めて引いてみる。

そんな軽い気持ちでカードを引くという使い方が、多く人に親しまれているのだと思います。

鏡リュウジさんが監訳した『魔法の杖』という小さな本、オラクルブックを初めて開いたとき、そこにあった言葉は、

「木星は、OKだと言っています」

でした。木星、Jupiterです。平原綾香さんに書いた『Jupiter』は私の代表曲となり、中越地震の折には多くの被災者の方々の励ましになったそうです。

私自身にとっても特別な思いのある歌なので、このメッセージは天から(大丈夫)と、OKをもらったような気がしました。

瀬戸内の空に輝く木星と土星の写真

「イエス、あなたはそのことを通して もっとハッピーになれます」

これは、今日開いた言葉です。『そのこと』とは何なのか。今、苦戦している仕事……と捉えると、(よし!頑張ろう)という気持ちになります。

時には、このような励ましとなり、背中を押してくれるきっかけになるのです。

私が主催するクリスマスパーティーなどで、参加者の方々に私自身の言葉を書いたカードをおみくじのように引いてもらうことがあります。

私の言葉でさえ、その人の心境にフィットするのですから面白いものです。潜在意識が必要な言葉を引き当てる。引き寄せの法則につながる何かがあるのかもしれません。

クリスマスギフトを包む女性の写真

筮竹で占う占術の精度もなかなかのものです。娘が小学生のとき、提出する大事なプリントが見つからないことがありました。

家中、どこを探してもない!そこで夫が筮竹で卦を立てたところ「風の近くにある」という意味の卦が出ました。

窓の近くなど探したのですが、ありません。ふと見ると、ドラえもんの絵のうちわが床に落ちていました。なんとプリントは、そのうちわの下にあったのです。

「風の近くにある」……。筮竹のあまりの精度の高さ、そして示唆する言葉の絶妙さは感動ものでした。

落ち葉に埋もれそうな羽根の写真

おまじないかもしれない。気休めかもしれませんが、『魔法の杖』を開いてみると、心も開けてくる。忙しい日々の中で、遊び心のあるほっとする瞬間でもあるのです。

いのちを紡ぐ言葉たち かけがえのないこの世界で

いのちを紡ぐ言葉たち かけがえのないこの世界で

吉元 由美
1,584円(06/23 08:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Post LINE はてな コメント

page
top