grape [グレイプ] trend

片足を失ったポニー 最先端技術で作った「新しい足」で再び走る喜び

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

アメリカのコロラド州にある動物病院に3歳の雄のポニーが運び込まれました。ポニーの名前は”シャイン”。シャインは凶暴な犬に脚を噛まれ、傷口がひどい感染症を起こしていました。そして医師たちはシャインを生かすために、怪我をした足を切断することにしたのです。

20657_01

出典:YouTube

シャインに”新しい足”を作ってあげよう

馬にとって足は命と同じくらい大切なもの。治療に失敗すれば、それは死を意味します。

『シャインが再び自由に走れるように』そう考えた医師たちは、彼に義足を作ってあげることにしました。その方法は、なんと3Dプリンター。経験豊富な医師たちにとっても、これは初めての挑戦でした。

20657_02

出典:YouTube

3Dプリンターを使用することによって、シャインの足にそっくりの義足を作ることができるそうです。医師たちはシャインにとって痛みがなく、装着時に体のバランスがとりやすい最高の義足を作ろうと努力しました。

20657_03

出典:YouTube

そしてついにシャインが完成した義足をつける日がやってきました。彼は新しい”足”で再び走れるようになったのでしょうか?その瞬間をぜひ映像でごらんください。

外に出た途端、思わず小走りしてしまうなんて、本当にうれしかったのでしょうね。健康で自由に走り回れることがどれほど幸せなことなのか、シャインに教えてもらった気がします。痛い思いをした分、これからはまた4本の足で元気に生きていってほしいですね。

出典
Mini Horse Gets a Shine on at CSU's Veterinary Teaching Hospital

Share Tweet LINE コメント

page
top