grape [グレイプ]

ピート・ローズが陥った5つの思い込みを米記者が指摘 「ヒットキングはイチロー」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

野球の世界では「あの選手が高卒でプロ入りしていたら」「別の球団であればもっと活躍できたのに」といったたら・ればが、時に野球談議を大いに盛り上げます。

これは日本だけでなく、アメリカでも同じようです。NEWYORK DAILY NEWSのスポーツ担当チャック・モディアノ記者がこんな仮定を記事にして、大きな反響を呼んでいます。

もし、イチロー選手がキャリアのすべてをメジャーリーグでプレーしていたら何本のヒットを打っただろうか?

この問いに対し、自信を持ってこう回答しています。

「約4600本。しかも、この数字はいい加減なものではなく、かなり正確な推測から成り立つ信頼性の高い数字である」

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

そして、イチローの場合は日本のプロ野球での記録がしっかり残っているため、かなり正確に推測できるにも関わらず、アメリカのメディアやピート・ローズは「推測することなど不可能だ」と可能性そのものを否定していると綴っています。

「ピート・ローズを非難するのは止めておこう。私は、ほかの何百万人もの人々と同じく、ピート・ローズを殿堂入りさせないのは間違っていると思っている。この罪は半世紀もの間、黒人選手をメジャーリーグに参加させなかった愚行に次ぐ、大きな過ちなのだ。しかし、それでも『ヒットキングは誰か?』と問われれば、それは間違いなく『イチロー』なんだよ」

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

ピート・ローズは間違った思い込みをしている

ローズの思い込み①:プロでのヒット数で議論しようとしている

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

ローズは「プロ野球でのヒット数と言うなら、オレのマイナー時代の427本も追加すべき」と2013年に語ったと言います。一方、マーリンズのマティングリー監督は「日本から来てすぐに活躍した選手はいくらでもいる。日本をマイナー扱いするのは不公平だ」と語ります。

「多少のレベル差はあれど、日本をマイナーと考えるのは間違い。そうでなければ2度のノーヒットノーランを達成した野茂英雄投手やワールドシリーズでMVPを獲得した松井秀喜選手の活躍などの理由がつかない」というのがモディアノ記者の主張です。そして、こう結論付けました。

真実①:議論すべきは、イチローがキャリアの初めからメジャーリーグでプレーしていたら何本のヒットを打ったか、である

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

純粋にイチローとローズを比較すべきだ

ローズの思い込み②:日本のプロ野球とメジャーリーグを比較すべき

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

2001年に年間55本塁打を放ったタフィ・ローズ選手の例を上げ、「メジャーで活躍できなかった選手が日本では大活躍している。だから、日本のプロ野球のレベルは低い」と語るピート・ローズ。

しかし、モディアノ記者は「このタフィー・ローズでさえ日本での通算打率は.286だった。フェンスまでの距離やホームラン数は、ヒット数とは無関係」と断じ、ピート・ローズの主張を否定します。

真実②:ホームラン数ではなく、単純にイチローとローズのヒット数を比較すべき

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

比較はできる or できない?

ローズの思い込み③:比較はできない

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

イチローはメジャーリーグに移籍した初年度に、首位打者を獲得し、MVPを受賞。その後、10年連続200安打という記録を達成しました。この10年間の打率は.333で、ア・リーグ最高です。

2004年には84年間も更新されなかったシスラーの年間ヒット記録を塗り替える、262安打を放ちました。これらのことからイチローがメジャーデビューした時点で、メジャートップクラスの実力を持っていたことは明らかです。

ローズが比較したがる「タイ・カッブら過去の名選手は、当時、メジャーに参加することが認められていなかった黒人一流投手との対戦がない」などの理由から、むしろ比較の対象としては不適切であるというのが記者の考えです。

そして「イチローがヒットキングでないのは、ただ地理的な理由からだけである」と語っています。

真実③:比較できる。しかもかなり正確に

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

ピッチャーのレベルよりも重要な試合数

ローズの思い込み④:日本プロ野球時代にイチローが多くのヒットを打てたのは日本人ピッチャーのレベルが低いから

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

マリナーズでの最初の7年間で、年間平均227本のヒットを打ったイチローですが、日本プロ野球での7年間では年間177本平均。それぞれの打率はメジャーでの.333に対して、日本では.359と、投手のレベル差は打率にすると.026の影響しか与えませんでした。

むしろ問題なのは試合数で、日本時代の年間平均打席数が494打席であったのに対し、メジャーでのそれは平均682打席。これは7年間で1316打席も少なかったことを意味し、単純計算でメジャー2年分に値します。

イチローは記者会見で「日本だけでローズの通算記録を破ればそれは信じがたい功績」と語りましたが、モディアノ記者は「不可能」と断言しています。

真実④:日本プロ野球は試合数が少ないためメジャーにいたら毎年50本は多くヒットを打っていたはず

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

イチローが打ったであろうヒットの根拠は十分

ローズの思い込み⑤:イチローがキャリアのすべてをメジャーリーグでプレーしていたらヒットを何本打ったかは誰にも分からない

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

ここまでに上げてきた理由から、イチローはただアメリカにいなかったという理由だけで約350本のヒットを打てなかったことに。この数字を現在のイチローの総ヒット数に加えた約4600本が通算安打数として妥当というのがモディアノ記者の主張なのです。

真実⑤:イチローがヒットキングであることを示す根拠は十分にある

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

そして、最終的に以下のように結論付けています。

「ピート・ローズ同様、我々アメリカメディアは、イチローのとんでもない偉業を、完全に誤解している。100%間違いだ。イチローは『日本で9年プレーしたからヒットキングとは認められない』と言うのではなく、『日本で9年もプレーしたにも関わらずヒットキングである』と言うべきなのだ」

NEWYORK DAILY NEWS ーより和訳

かなり独特な見解ではありますが、数字を根拠に「イチローがヒットキングである」という理論を成り立たせています。

さまざまな意見があって当然ですが、だからこそ、このたら・ればで語る野球談議は面白いのかもしれません。イチロー選手の活躍に、今後も期待したいですね!

イチロー選手の歩み(日本プロ野球~メジャーリーグ)

日米通算でピート・ローズが持つ4256安打を超える、4257本目のヒットを放ったことを記念して公開された動画です。

出典
NEWYORK DAILY NEWSIchiro's career milestones

Share Tweet LINE コメント

page
top