grape [グレイプ]

オゾン層が回復しているとの研究結果 人類の取り組みが実を結ぶ!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

マサチューセッツ工科大学のスーザン・ソロモン教授率いる国際チームが「オゾンホールが21世紀中ごろまでに塞がらない理由はない」という研究結果を発表し、注目を集めています。

オゾン層回復の兆しを研究チームが確認

太陽の紫外線から地球を守るオゾン層。日本でも1980年代ごろからオゾン層を破壊すると考えられる物質を規制するなど、さまざまな措置を講じてきました。

今回、スーザン・ソロモン教授が率いる研究チームは、オゾンホールに関して以下のような成果が得られたとは発表しています。

「オゾンホールが21世紀中ごろまでに塞がらない理由はない」

「オゾン層の回復は1987年の『モントリオール議定書』の成果だと考えられる」

WIRED UK ーより引用
22392_02

モントリオール議定書

1987年採択、1989年発効。1996年までに特定フロン、ハロン、四塩化炭素を全廃するなど、オゾン層を破壊し得る物質を規制する国際ルールが定められた議定書。1990年、1992年、1997年、1999年と段階的に規制が強化されている。

さらに教授は、こう続けます。

「私たちは、人類が行ってきたことが、地球のオゾン層回復に大きく貢献していると自信を持って言えます。世界中が団結し、『オゾン層に有害な分子を取り除こう』と決断したのです。そして、私たちは実際にそれを実行し、いま地球がそれに応えてくれている姿を目の当たりにしています」

WIRED UK ーより引用

2015年にはNASAも「オゾン層回復」を発表

2015年5月にはNASAも「21世紀末までにオゾンホールは消滅する」と発表しています。

しかし、ソロモン教授のチームが発表した今回の成果では、NASAの発表よりも半世紀も早いオゾンホールの消滅を予測しています。

火山の噴火がオゾン層を破壊する

また、今回のソロモン教授の研究では、火山の噴火がオゾン層の回復に与える影響についても言及しています。

「オゾン層自体は回復傾向にあります。しかし、2015年には一時的に非常に大きなオゾンホールが見られました。」

「2015年のチリ・カルブコでの噴火などがオゾン層の回復を遅らせたと考えています」

WIRED UK ーより引用

火山の噴火が、オゾン層の回復を遅らせたと言うのです。そして、その理由を次のように語ります。

「原因は、噴火によって空気中に生じる微粒子にあります。微粒子に含まれるCFCsから出る塩素が、南極上空のオゾンと反応し、オゾンを減少させたと考えられます。つまり、火山噴火による粒子の放出が、オゾン層の回復に大きな影響を与えた可能性があるのです」

WIRED UK ーより引用

ソロモン教授による、この新たな知見は世界を驚かせました。火山噴火とオゾン減少の相関関係は、現段階では「可能性レベル」の話のようですが、非常に興味深い新説です。

1人1人の取り組みや、国を上げての法整備、意識改革などが実を結んだオゾン層の問題。こういった成功体験が、ほかの環境問題への取り組みにも好影響を与えることが望まれます。

出典
WIRED UKNASANASA | Big Ozone Holes Headed For Extinction By 2040

Share Tweet LINE コメント

page
top