grape [グレイプ]

井の頭公園の池が「めちゃめちゃキレイになってる」と話題 その理由は…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園。緑豊かな憩いの場として、都民に愛されています。

そんな井の頭恩寵公園の池『井の頭池』に、ある変化が起こっているとか…。

ヒーシー・ルイ(@heshelaay)さんが、Twitter上に投稿した、こちらの動画をご覧ください。

『井の頭池』がまるで…

新緑の木々に囲まれた池。水の透明度が高いからか、緑色の藻が美しく映えて見えます。

まるでフランスの画家クロード・モネの絵画『睡蓮』のような雰囲気です!

池がきれいになった理由

井の頭池は戦前、池の底が見えるほど澄んでいたそうです。

しかし、市街地化が進んだ影響で、池の湧き水が枯渇したことにより、水質が悪化。ゴミの不法投棄や外来種の増加で、かつての姿は失われてしまいました。

そこで、井の頭池では2013年からボランティアの手を借り、これまで3度の『かいぼり』を行うなど、環境改善に取り組んできました。

【かいぼり】
水を抜いてゴミの撤去や外来魚の駆除などを行い、池の底にある泥を天日に干すこと。
かいぼりは、水質の浄化や、生態系保全に効果があるとされている。

その結果、井の頭池において絶滅したと考えられていた水草『イノカシラフラスコモ』が復活するなど、水質が大幅に改善されたのです!

この動画を見た人たちからも、多くのコメントが寄せられています。

・なんてきれいなんでしょう!行ってみたくなりました。

・ボートに乗ると、より美しさを実感できそうですね。

・井の頭池は汚いイメージでした。こんなに変わったとは。

・素敵です。本当にモネの世界のよう。

地道な努力によって、かつての美しさを取り戻しつつある『井の頭池』。

二度と汚れた池に戻らぬよう、大切にしていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@heshelaay

Share Tweet LINE コメント

page
top