grape [グレイプ]

ボクシングも発言も天才的! 沖縄が生んだスター・具志堅用高の名言と迷言

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

バラエティ番組で大活躍の具志堅用高さん。

今は「おもしろオジサン」というイメージが強い具志堅さんですが、元WBA世界ライトフライ級王者で、日本人としては連続防衛13回という記録保持者でもあります。

現役時代の活躍をまとめた動画も公開されています。

めちゃくちゃ強いです!現在のイメージからはとても想像できません。

しかも日本人としては唯一、国際ボクシング名誉の殿堂に選出されるという名誉まで。

そこで、具志堅さんの沖縄を背負って世界と戦っていたアスリートとしての一面と、反対に現在のイメージでもある天然で面白い一面を表す名言や名言を紹介します。

孤高の天才ボクサー具志堅用高の名言

「スポーツの基本は足。中でも親指が特に大切なんだ」
※現在は母指球(親指の付け根)が大切と言われるが当時はそんな常識はなかった

「闘争本能なんてね、ボクサーなら皆持ってるの。
そんなことよりも、本当に必要なのは素直さなんだよ」

「120%沖縄のため、石垣島のために戦っていた。
でも、ベルトを巻いたとき、覚えていたのは拳の感触だけなんだね」

「当時、沖縄はまだ本土との間にはっきりとした線がひかれてた。
沖縄出身だと分かると、まわりの空気が変わったもの」

「自分が負けてしまったら、あれほど喜んでくれた沖縄の人たちに申し訳なくてね」

沖縄を背負い、「絶対に負けられない」「勝ち続けるしかない」という強い決意を感じるコトバ。また、当時のスポーツ界では常識ではなかった理論に着目するなど、先見の明を持ったアスリートであったようです。

しかし、引退後に見せる具志堅さんの顔は、現役の頃は全く違ったものでした。皆さんもご存じのトンデモナイ発言の数々…

出典
具志堅用高 本当は凄かった!伝説のKO集!具志堅用高記念館

Share Tweet LINE コメント

page
top