grape [グレイプ]

チョウチンアンコウの切なすぎる一生 最後はちょっとホラーな展開に…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

深海魚の中でも有名なチョウチンアンコウ。その一種であるビワアンコウのオスの一生が、かなり切ないことをご存じでしょうか。

「男はツライよ」とつい思ってしまう、その生態をご紹介します。

ビワアンコウのオス、切なすぎるエピソード

ち、小さすぎる

チョウチンアンコウというと、頭の先に光る突起物がついている魚を思い浮かべますよね。

22668_03

広く知られたこの姿は、実は『メス』だけなのです!オスは全く違う姿をしています。それがこちら。

22668_02

出典:YouTube

画像の右側がメス、左にいる小さな魚がオスです。1.2mになることもあるメスと比べ、オスの大きさはその約10分の1。これ、どう見ても別の魚でしょ…。

暗黒の海をひたすら漂う

オスは成熟すると口がペンチのような形になり、広大かつ真っ暗な深海の中を、ひたすらメスを探し回ります。

22655_03

広大な深海でメスを見つけるのはかなり困難なこと。時には全く見つけられず、独り身のまま一生を終えることも。

メスに会えたラッキーなオスは、さらに切なくてちょっとホラーな『命の終わり』を迎えることになるのです…。

出典
【ナショジオ】ビワアンコウの生殖戦略

Share Tweet LINE コメント

page
top