泡立てず、アロマ香るオイルで洗う 「あ、気持ちいい…」ため息がもれるバスタイム

入浴の際ボディを洗うのに、どんな洗浄料を使っていますか? かつては石けんが主流でしたが、今は液体のボディーソープを使っている人が多いかもしれませんね。

一日の心と体の疲れを癒し、汚れを落とす大事な入浴の時間に、もう一つ選べるものが加わりました。

『Abhyanga Body Wash アビヤンガ ボディウォッシュ』は、オイルのようなテクスチャの液体で、泡立てずに洗う新しいボディ洗浄料です。

26528_05

国内で生産された、安心できるアイテム。赤ちゃんの肌にも使えるほど、マイルドな成分でできています。

赤ちゃんの肌にも使えるほど、マイルドな成分でできています。

おざなりにしがちなボディをケア

メイク落としや洗顔には気を使っても、気づくとおざなりになっているのがボディのケア。顔であれば、化粧水に、美容液に、乳液に…と念入りにしているのに、ボディに関しては、せいぜいクリーム一種を塗る程度だったりします。

ボディ全体のケアは面積も多く、なかなか億劫。

26528_08

とはいえ、ストレスフルな毎日です。体の一つひとつのパーツをしっかりといたわってあげたいもの。そこに時間も手間もかからないとあっては見逃す手はありません。

『アビヤンガ ボディウォッシュ』は、洗浄・マッサージ・パック・保湿の効果が、洗うだけで得られるという手軽さです。

タオルやスポンジなどは使わずに、手にとってそのまま肌を洗うようにマッサージ。洗っている最中にしっかりとパックをしている状態に。

お風呂上りのお肌はしっとりするので、保湿のクリームがいらなくなります。

26528_01

お風呂が極上の癒しタイムに

『アビヤンガ ボディウォッシュ』には、ホワイトセサミオイルと9種のハーブエキスがブレンドされています。自然と呼吸が深くなり、リラックス感がもたらされます。

ハーブは、優雅なイランイランをメインに、すっきりとしたリッツア、深みのあるベルガモットの組み合わせ。クセが少なく、人を選ばない香りです。

香りだけで癒されるオイルで、自分を労わるようにマッサージ。毎日続けることでデトックスが促されて、むくみがとれ、スリムアップが期待できます。

癒されて、洗って、ボディメイクも叶うという、いいとこどり。

自分の手で、自分のボディを丁寧に触れることで、どこが疲れているのかがよくわかります。もっと自分を大事にしてあげよう…アロマの香りも手伝って、前向きな気持ちになれます。

26528_06

洗い終わったあとは、シャワーで丁寧に流しましょう。ぬるつきは残らないのに、肌はしっとり。ほんのり良い香りです。

濡れた体をタオルで拭く時間すら、上質なものになるようです。

翌朝、なんとなく自分の肌に触れてみて「あ、しっとりしている」という感覚。うれしい気持ちがわき上がってきます。

26528_07

安心な国内産・天然由来成分97%

『アビヤンガ ボディウォッシュ』は、アーユルヴェーダの倫理に基づき、動物実験を一切行わないブランドのアイテムです。

国内メーカーの厳しい目で開発され、国内で生産されており、安全性が保たれています。

鉱物油・石油系洗浄成分・パラベン・合成香料・合成着色料・アルコールは不使用。植物由来のマイルドな成分を厳選して作られているので、敏感肌の方でも使うことができます。

※ただし、体質によりお肌に合わない場合があります。

26528_02

毎日でも、特別な日でも

使い続けることで、気持ちがほぐれ、肌もうるおう『アビヤンガ ボディウォッシュ』。エレガントなボトルは500mlの容量があり、たっぷり使える安心感のあるサイズです。

今使っているボディソープと併用して、「今日は特別」な日に使ってもいいですね。元気がない時に、体にもご褒美を!

オイルで洗うタイプはまだ珍しく、気の利いたプレゼントとしてもぴったりです。

26528_04

grape SHOPにてお求めいただけます。

出典
minimum合同会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop