grape [グレイプ]

TOKIO城島が、命の危険を感じた『かくれんぼ事件』 多くの人が爆笑の渦に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2017年4月26日に放送されたフジテレビ系番組『TOKIOカケル』で、TOKIOのリーダー・城島茂さんが命の危険を感じたエピソードを明かしました。

当時まだ20歳だったという城島さん。ある日、合宿所でTOKIOのメンバーたちとかくれんぼをしたそうです。

城島さんが本気を出したという、かくれんぼ。隠れたのは、なんと大きな食洗機の中だったといいます。

※写真はイメージ

中に入り、自分でドアを閉められなかった城島さんは国分太一さんに「閉めて」とお願いし、しっかりとドアを閉めてもらいました。

やがて他のメンバーも隠れ、静かになると「ブーン」という音が…。

そう、なんと食洗機が動き出してしまったのです!

それに気付いた他のメンバーが慌てて食洗機を開け、城島さんは救出されたのですが、全身びっしょり。そして慌てながら、こんなことを言ったそうです。

あかんあかんあかん、死ぬかと思た。あかん。

TOKIOカケル ーより引用

このエピソードに、会場は爆笑に包まれました。

城島さんの『かくれんぼ事件』を知った多くの視聴者が、お腹を抱えて笑ったようです。

  • リーダーのかくれんぼ事件、めっちゃ笑った!
  • 最高!リーダー面白すぎ。
  • このエピソード、他のところでも聞いた。何度聞いても面白い!

多くの人を笑わせた、かくれんぼ事件。しかし当然、これは危険な行為です。

城島さんの教訓を活かして、マネだけはしないようにしましょうね!


[文・構成/grape編集部]

出典
TOKIOカケル

Share Tweet LINE コメント

page
top