grape [グレイプ]

7歳の少年「名前が違うよ」 映画スターがサインを間違えた理由がステキ!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

イギリスの俳優、ロジャー・ムーアさん。1973年から1985年まで、大人気スパイ映画の『007』で主人公のジェームズ・ボンドを演じた名優です。

2017年5月23日、ムーアさんが療養先のスイスで死去したことが報じられると、生前に親交のあった多くの人たちからさまざまなコメントが寄せられました。

そんな中、脚本家として活躍するマーク・ヘインズさんの『ムーアさんとの忘れられないエピソード』が注目されています。

空港で偶然ジェームズ・ボンドに遭遇

それはヘインズさんがまだ7歳の少年だったころ。祖父とニースの空港にいた時に、偶然ムーアさんを目撃します。

当時のムーアさんは、『007』のジェームズ・ボンドとして、大人だけでなく子どもにも大人気の映画スター。ヘインズさんは、祖父に「一緒にサインをもらいに行ってほしい」とお願いしたといいます。

すると…。

祖父は、僕(ヘインズさん)を連れて、ロジャー・ムーアさんのところに歩いて行きました。

そして、僕を持ち上げて、ムーアさんの前に突き出し、こういったんだです。

「孫があなたのファンなんです。これ(航空券)にサインをしてもらえませんか」

ムーアさんは想像通り、人当たりのよい人でした。快くサインをしてくれたのです。

Live Radio ーより引用(和訳)

映画スターでありながら、子どもの突然の申し出に嫌な顔1つせずに、サインをしてくれたというムーアさん。

しかし、そこにはヘインズさんが期待していた名前が書かれていませんでした。

ロジャー・ムーア

当たり前のことですが、ムーアさんは「俳優ロジャー・ムーア」として、サインをしてくれました。

しかし、7歳だったヘインズさんが期待していたのは「スパイであるジェームズ・ボンド」のサインです。

失望しているヘインズさんに気付いた祖父に理由を尋ねられたヘインズさんは「名前が違うんだ」と伝えます。

理由を聞いた祖父は、再びムーアさんのところへと行き、「すみません。あの子はあなたの名前はジェームズ・ボンドだっていうんです」と伝えます。

すると…。

ムーアさんの神対応に「これぞ映画スター!」

出典
Live Radio@marchaynes

Share Tweet LINE コメント

page
top