「嫌いとか言ってないで」説教をしようとして、踏みとどまった話

漢弾地 (@dankoromochi)さんがエッセイ漫画『どうせなら楽しんで』を公開し、多くの人を納得させています

数年前に熱中症になったという、投稿者さんの父親。原因は、炎天下で帽子を被らずに作業をしていたからです。

熱中症は命を落とすこともあり得る危険なもの。しかし、父親の口からはこんな言葉が出てきます。

帽子が嫌いなんだよな。

父親の言葉に「そんなこといってないで!」と説教をしそうになった投稿者さん。しかし、ぐっとこらえて考え直したそうです。

そして、説教をするのではなく、こう伝えることにしました。

「被らないとダメだ!」というのではなく、「オシャレとして楽しんだら?」といった。

素晴らしい機転!

父親も、「嫌だけれど、帽子を被らないといけない」ということは分かっています。分かっているからこそ、説教をされたらさらに嫌になってしまうのです。

そんな父親の気持ちをくみ取り、とっさにポジティブな考え方に誘導した投稿者さん。多くの賞賛の声が寄せられています!

  • こういってくれたほうが、受け入れやすいですよね。参考にします。
  • 私だったらいってしまいます。説教をしようとして踏みとどまり、プラスに持っていこうとする機転がすごい。
  • 先日、口走った言葉で喧嘩になってしまいました。言葉を飲み込むことも、時には大切ですね。

人は、感情のままに言葉を口にしてしまうことがあります。しかし、それでは思うように物事が進まないこともあります。

そんな時に必要なのは、求める結果のために「何をいいたいか」ではなく、「何をいうべきか」という考え方です。

父親には楽しんで帽子を被ってもらえ、投稿者さんも安心できる…そんな結果を生んだ投稿者さんの言葉。

よりよい『言葉の選択』を意識することで、人との関わりが円滑になるかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@dankoromochi

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop