grape [グレイプ]

『切り絵』の美しさに心が震える 紙に立体感が生まれた理由とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

紙をナイフで切り出し、美しい模様や絵柄を作り出す『切り絵』。

切り絵は日本古来より、伝統として長らく愛され、いまも世界中で多くの人を魅了しています。

細密で鮮やかな、めくるめく『切り絵』の世界

4年前、友人のウェルカムボード作成をきっかけに切り絵創作を開始した、祐琴(ゆうこ)さん。

カラーペーパーによる切り絵を何層にも重ねる独自の技法で、作品を制作しています。

カラーペーパーの切り絵をアクリル板と何層も重ねることで、立体感を出しています。その細密な作りは、ため息が出てしまうほどです。

こちらの『黄道十二星座』は、なんと重量8kg!縦60cm、横60cmの大作です。

制作にかかった期間は、およそ半年。画家アルフォンス・ミュシャの作品『黄道十二宮』からインスピレーションを得たそうです。

シリーズ物の作品やスマホケースも!

出典
@yukotokoto221

Share Tweet LINE コメント

page
top