女子大生「子どもがいるので授業を休みます」 教授の対応に拍手喝さい!

出典:Ashton Robinson

アシュトン・ロビンソンさんは、1人の子どもをもつシングルマザー。母であると同時に、テキサスA&M大学に通う学生でもあります。

まだ幼い子どもの世話と、学業を両立する生活は大変なもの。アシュトンさんは学校にいる間、ベビーシッターに子どもを預ける日々を送っていました。

しかし、ある日アシュトンさんは頭を抱えます。学校に行かなくてはならない日に、子どもを預かってくれるベビーシッターが見つからなかったのです。

大学生のシングルマザーが、子どもを学校に連れて行ったら…

(どうしよう。授業に出たいけど、今日は休むしかないのかしら)

「小さな子どもを1人で置いて、学校に行くことはできない」…そう思ったアシュトンさんは、理由を述べた上でヘンリー・ムソマ教授にメールを送信。

その後、ムソマ教授からかかってきた電話を取り、アシュトンさんは目を丸くします。

「なら、学校に連れて来たらいいじゃないか!」

子どもを教室に連れて行ってもいいと話す、ムソマ教授。

戸惑いつつ、アシュトンさんが子どもを連れて登校すると、さらに驚くべき展開になります。

なんとムソマ教授は、アシュトンさんの子どもを抱っこして授業を開始!

「子どもを連れて来たらいい」といっただけではなく、子どもの面倒まで見てくれたムソマ教授…彼の行動に、アシュトンさんは感動したといいます。

アシュトンさんがこの出来事をFacebookに投稿すると、世界中の人から「なんてクールな教授だ!」「素晴らしい思いやりですね」「シングルマザーの学生を助ける環境は必要だ」といったコメントが寄せられました。

また、テキサスA&M大学のTwitterもこのことを投稿し、ムソマ教授の行動を称賛しています。

私は絶対に、この出来事を忘れません!

いつか子どもが大きくなったら、こういいます。
「ママが素晴らしい大学を卒業できたのは、彼のような人がいたからよ」…と。

Ashton Robinson ーより引用(和訳)

自身の気持ちをそうつづる、アシュトンさん。文面から、どれだけ嬉しかったのかが伝わってきます。

世界には、「子どもがいるから学校に通うことができない」という人が多く存在することでしょう。周囲の人が協力し、学業と育児を両立できる優しい社会を築くには、ムソマ教授のような人が必要なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
Ashton Robinson

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop