grape [グレイプ]

「うるさい子どもを黙らせてよ!」 母親に向けられた『心ない発言』、その時?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

店内や電車の中など、公共の場でぐずり始める我が子…まだ小さい子どもを連れていると、そんな場面に出くわすことがありますよね。

周囲から向けられる視線の冷たさに、居心地の悪い思いをしたことがある人もいるでしょう。

テイラー・マイヤーズさんがFacebookに投稿したメッセージに、共感の声が集まっています。

親子に向けられた『心ないひと言』

テイラーさんの4歳の娘であるソフィーちゃんは、ADHDです。

ADHD(Attention-deficit / hyperactivity disorder:注意欠如・多動性障がい)

発達障がいの1つで、「集中力がない」「じっとしていられない」「順番を待てない」などの特性を持つ。

ある日、娘を連れてスーパーマーケットで買い物をしていたテイラーさん。レジに並んでいる際に、お菓子を欲しがるソフィーちゃんが、カンシャクを起こし始めました。

※写真はイメージ

テイラーさんいわく、ADHDの症状が出た時はほかのことに興味を移すように仕向けるか、疲れ切って眠ってしまうまで、暴れたり泣いたりの状態が続くのだそう。

私は暴れる娘のために、これまでに何百回も店から出なくてはならなかった。

Taylor Myers ーより引用(和訳)

親として「ダメなものはダメ」だと教えたかったテイラーさんは、娘の欲求をなだめ、諦めるよう懸命にいい聞かせていました。そんなテイラーさんの耳に、こんな言葉が飛び込んできたのです。

「うるさいわね、クッキーでも与えて黙らせなさいよ」

Taylor Myers ーより引用(和訳)

心ない発言は、後ろに並んでいた女性が発したものでした。テイラーさんはついカッとなって「娘はまだ4歳よ!何も事情を知らないくせに、あれこれいわないで」と返したそうです。

怒りの感情を抑えつつ、並んでいた列から離れ、セルフレジに並び直したテイラーさん。

「親がちゃんとしないから、子どもがいうことを聞かないんだ」といいたげな周囲の視線もつらくて、レジに食料品を通す間、ずっとテイラーさんの顔は涙でグシャグシャでした。

その時、ある1人の女性がソフィーちゃんに話しかけてきたといいます。

女性はソフィーちゃんの注意をそらすように、さまざまな話題を振ってくれました。

それでも「お菓子が欲しい」とソフィーちゃんがぐずり始めると「今日はダメよ」と、テイラーさんの味方になってくれたのです。

当時の様子を振り返り、テイラーさんは次のような考えを述べています。

全く同じ状況にならなければ、私のような母親の気持ちを本当に理解することなんてできないし、判断だってされたくないわ。

けれど、誰かのちょっとした何気ない優しさや、思いやりのある行動が、母親には支えや勇気になるものなのよ。

Taylor Myers ーより引用(和訳)

1人の母親として感じた『素直な思い』をつづったテイラーさんの投稿に、たくさんの声援が寄せられました。

  • 心ない発言は残念だけど、最後に優しい女性が現れてよかった!
  • あなたはもちろん、あなたの娘さんも間違っていないわ。自信を持ってね!
  • 私の子どもも同じ障がいを持っているよ。『理解されないこと』は本当につらいよね。

「ほかの人と同じようにただお店を利用しているだけなのに、つらい思いをしなくてはならないことが悲しい」というテイラーさん。

だからこそ、声をかけてくれた優しく思いやりのある女性に対し、いままで出会った誰よりも感謝しているのだそう。

1人の母親が世界に投げかけた『メッセージ』に、子どもを持つ親を含め、多くの人が考えさせられました。


[文・構成/grape編集部]

出典
Taylor Myers

Share Tweet LINE コメント

page
top