grape [グレイプ]

R-1グランプリで1票も入らなかった紺野ぶるま その後の行動に称賛の嵐

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年3月6日に放送された、お笑い番組『R-1ぐらんぷり 2018』(フジテレビ系)で、女性芸人・紺野ぶるまさんの行動が注目を集めています。

素直にいい子だと思った

1人芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり』で見事に優勝を果たしたのは、ほぼ盲目の漫談家・濱田祐太郎さん。

エントリー数が過去最多となった、3795人の頂点に輝きました。

大会はトーナメント形式で、4人ずつA、B、Cの3ブロックに分かれて争われ、濱田さんと紺野さんはCブロックで対決。

ネタ披露後に決勝ブロックへ進出する人を決める投票が行われ、視聴者投票が加算されました。

お茶の間D投票結果から見ていきましょう。

獲得票が1位の人に3ポイント。2位に2ポイント。3位に1ポイントのお茶の間Dポイントが入ります。

R-1ぐらんぷり 2018 ーより引用

ほかにも5人の審査員の投票数が画面に表示され、随時情報が変わっていきます。そんな中、紺野さんは目の不自由な濱田さんの隣で、投票の動きを細かく伝えていました。

その優しい行動に称賛の声が寄せられます。

・盲目の濱田さんにずっと状況説明してた。自分は一票も入っていないのに、なんかすごくいいよね。

・こういうことができる人が、本当に優しい人なんだと思う。

・目の不自由な人に、情報を耳元で伝えることって大事ですよね。それに気付けた彼女はすごいと思う。

残念ながら紺野さんのネタには一票も入りませんでしたが、素直な優しさが多くの人の記憶に残りました。

今後も活躍の場を広げていってほしいと望む声が増えそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
R-1ぐらんぷり 2018

Share Tweet LINE