grape [グレイプ]

『障がい者いじり』に対する濱田裕太郎の言葉に称賛の声 「よくいってくれた!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年3月6日に開催されたピン芸人の日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2018』で、過去最多のエントリーの中、優勝をつかんだ漫談家の濱田祐太郎さん。

濱田さんは先天性緑内障で、ほぼ目が見えない状態。大会では自身の経験を元にした『盲目ネタ』を披露し、多くの笑いをとりました。

優勝後は50件以上の番組オファーが殺到し、今後のブレイクが期待されています。

濱田裕太郎「僕自身をいじるのはいいけれど…」

同年3月18日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した浜田さんは、今回も『盲目ネタ』を披露。

トークでは、小学生のころからお笑いが好きで、自然と「お笑い芸人になりたい」と目指すようになったと明かします。

ダウンタウン松本人志さんは濱田さんのネタを称賛し、「彼がきっかけとなって、いろんな人が出てきたらいいよね」とコメントしました。

そして、コーナーの最後に濱田さんは視聴者に向けてこういいました。

僕自身をいじっていただくのは全然いいんですけど、障がい者全員がそうじゃないっていうのだけは、本当に。それだけは。

いじられるのが嫌な障がい者のかたもいらっしゃるので…そこだけですね。

ワイドナショー ーより引用

障がいに限らず、個性を自身のネタにする人もいれば、触れられるのを嫌う人もいます。

濱田さんがネタにしているからといって、すべての障がい者が同じというわけではないことを訴えました。

【視聴者の反応】

・最後にほかの障がい者への配慮も忘れない。賢くて優しい人ですね。

・当たり前のことなんだけど、よくいってくれたと思う。

・こうやって、さりげなく配慮できるところが素晴らしい。

・面白いだけじゃなくて人柄も素晴らしいですね!ファンになりそう。

話題を拾ってネタにする速さや、さりげないフォローといったトーク力に、多くの人が心をつかまれたようです。

今後、濱田さんが『盲目ネタ』や持ち前のトーク力でどのように活躍していくのか、目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top