grape [グレイプ]

深田恭子がモテる理由が発覚 理由は本人のコンプレックスにあった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女優の深田恭子さんが、2018年3月15日に放送されたバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』( フジテレビ系)に出演。

番組の専門家たちに、悩みを打ち明けました。

役者としての活動も顕著で、写真集をリリースすれば大好評。順風満帆な活躍ぶりを見せる深田さんの悩みとは一体、どんなことなのでしょうか。

さんまさんのようになりたい!

深田さんは、小さいころから密かに抱えている根深い悩みについてこう語っています。

(明石家)さんまさんみたいな早口になりたいです。

ホンマでっか!?TV ーより引用

深田さんの悩みは、番組MCである明石家さんまさんのように早口でしゃべれるようになりたいというもの。

この深田さんの悩みに、共演者たちからは笑いが起こり、ツッコミが殺到。しかし、深田さん本人はいたって本気のようでした。

実際に会うと「本当におっとりしているんだね」っていわれる。考えているスピードも人より遅い気がして、みんなで会話している時にパンパンパンって(早いテンポで)会話が進んでいくとついていけなかったり、本当は分かっていないのに愛想笑いしたりとか、そういう時があって…。

ホンマでっか!?TV ーより引用

生活していく中でそのほう(会話のテンポが早い人)が楽しいんだろうなと思うんです。考えかたも回転が速いということじゃないですか。

ホンマでっか!?TV ーより引用

このように深田さんは、会話も含め、スローペースな自分の話しかたにコンプレックスを持っているようです。

生物学評論家の池田清彦氏によれば、脳の構造は7,8歳で決まるため、深田さんはその時点で早口があまりうまくなかったのでは、と分析。

しかし、早口だからといって、言語能力が高いわけではないとのことです。

深田さんのコンプレックスがモテる理由に直結していた

続けて、池田氏は「おっとりしゃべったほうが可愛いよ」と、満面の笑みで補足。

さらに心理評論家の植木理恵氏も、ゆっくりしゃべることのメリットを説明しました。

ゆっくりしゃべることのデメリットって、心理学では何もないんですよ。ゆっくりしゃべる人のほうが信頼されますし、社交的なようにも見えます。

ホンマでっか!?TV ーより引用

続いて、印象評論家・重太みゆき氏も、しゃべりかたが深田さんのモテる理由に直結していると語ります。

早口の人のほうが相手の話を最後まで聞けない。しっかりとゆっくりしゃべれる人は、相手の話も最後まで聞くことができるんです。

(深田さんも)一度も訂正しないで、何をいわれても「うん、うん」ってずっと可愛く聞いてらっしゃいますよね。だからモテることはすごくモテるんです。

ホンマでっか!?TV ーより引用

また、マツコ・デラックスさんは可愛らしい深田さんだったら、しゃべるテンポが遅くても相手は待っていられると話していました。この意見には多くの共演者たちも納得した様子です。

【世間の反応】

・深田さんはやっぱりあの癒し系な感じが魅力だよね。

・深田さんは優しそうなのが画面越しにも伝わってきます。

・あのおっとりした雰囲気が好きっていう男性も多いよね。

・深田さんがモテないわけがないよね。

・私もおっとりしているといわれて、悩んでいましたが番組を見て自信が持てました。

自分自身がコンプレックスに思っていることが、他人からは好意的に受け止められているというケースも多いようです。

今回の番組出演をきっかけに自信が生まれたとしたら、さらに素敵な女性になりそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ホンマでっか!?TV

Share Tweet LINE コメント

page
top