grape [グレイプ]

『社交的ぼっち』の漫画に「これ自分じゃん」の声 分かりすぎてつらいと話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ぼっち』…それは、『1人ぼっち』の略称。

コミュニケーション力が低く、なかなか親しい人ができなかったり、気付けば1人ぼっちのことが多かったり…そんな中「べ、別に1人でもさみしくないし…」と強がったり。

自虐的な意味を含めて、自身をぼっちと称する人も少なくありません。

『社交的ぼっち』の漫画に「これ自分じゃん」の声続出

漫画家の反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんが描いた漫画に、反響が上がっています。

描かれたのは『社交的ぼっち』。ぼっちが社交的というと、一見矛盾しているように感じますが…。

そう、『社交的ぼっち』とは、少人数だと社交的であるにもかかわらず、多人数だと急激にコミュニケーション力が下がってしまう人のこと!

急激にぼっちになってしまう理由は、多人数になると自分よりもコミュニケーション力の高い人同士で盛り上がってしまい、取り残されてしまうのでしょう…。

漫画に対し、多くの人から共感する声が寄せられています。

・まさに学校での俺じゃん。

・マイペースな人間だから、人数が多いとあせっちゃうんだよね…。

・街コン行った時、こんな感じになりました。

・分かる。相手が『ぼっち仲間』の時しか話しかけられない。

自分の姿を見ているようで、心にグサッとささった人が多いようです。

しかし、中には「1対1でも、自分から話しかけられるだけうらやましい」という声も…。

「大人数だとぼっち」ではなく、ポジティブに「自分から声をかけられるぼっち」と考えるといいかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@sharoh_hanten

Share Tweet LINE コメント

page
top