grape [グレイプ]

「注意事項やばすぎるだろ!」 赤壁の戦いの『イベント風』画像にツッコミ続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

魏の曹操、呉の孫堅、蜀の劉備…後漢末期、中国が群雄割拠していた時代の歴史書を『三国志』と呼びます。

その歴史を元にした時代小説『三国志演義』では、多くの武将たちのエピソードや、各勢力による熱い戦いが描かれています。

※画像はイメージ

数ある戦いの中でも特に有名なのは、『赤壁の戦い』。西暦208年に長江で行われた、曹操と孫権、劉備連合軍の戦いです。

曹操の快進撃は止まらず、いよいよ覇権目前…という最中、この戦いで曹操は大敗。三国志演義では火計や頭脳戦、苦肉の策などがドラマチックに描かれており、最も熱い戦いとして知られています。

2008年に公開された中国の映画『レッドクリフ』は日本でも話題になり、前後編合わせて大ヒットを記録しました。

三国志演義の『赤壁の戦い』をイベント風にしたら…

「もし〇〇があったら」とった『歴史パロディ』画像を作成している、スエヒロ(@numrock)さん。

赤壁の戦いをイベント風にした画像を、新たに投稿しました。

『赤壁の戦い in 赤壁』という「当たり前やないかい!」とツッコみたくなるイベントタイトル。

出演者は「and more…!」と一部のみ記載されていますが、きっと多くの有名な武将が飛び入り参戦することでしょう。

三国志演義で諸葛亮は、10万本の矢を集めるためにフェイクの船を出し、曹操軍の放った矢を回収してみせました。

グランドフィナーレの火計は成功するのでしょうか。当日の風向きがどうなるか、諸葛亮に聞いてみたいですね!

…気になるのは、しれっと小さな字で書かれている「命の危険が及ぶかも」という注意書き。とはいえ三国志の山場となれば、例え危険でも参加せざるを得ません!

ほかにも、いろいろな『歴史パロディ』が!

スエヒロさんの歴史パロディが詰まった本が、現在販売中です。気になる人は、ぜひ手に取ってみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@numrock

Share Tweet LINE コメント

page
top