grape [グレイプ]

豊臣秀吉から刀狩りの連絡きたんだけど、これって詐欺? めっちゃリアルな歴史パロディーが笑える

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ネット上で「笑いが止まらない」「センス良い!」と話題を呼んでいる、とある歴史パロディーツイート。

戦国時代のゼクシィ風の雑誌考えてみました。表紙はお市の方です。

投稿しているのは、Twitterユーザーのスエヒロ(@numrock)さん。

明智光秀や、徳川家康、刀狩りに参勤交代…彼の手にかかれば、どんな歴史も現代風にアレンジされるのです!

しかも、彼の妄想力が爆発したネタの数々は、書籍化されるほど人気なんです。

22237_01

収録されている内容は、こんな感じです。

「そうだ 隋、行こう。」のポスター考える

22237_02

ポスターには、「妹子が男でよかった、って思える旅になりました。」との一言が添えられています。

なお、左側のページには遣隋使の説明が記載されています。ここでもスエヒロさんの妄想力が爆発しており、遣隋使を『サラリーマン飛鳥人』と呼んでいるあたり、さすがの一言です。

「刀狩り」のバナー広告をつくってみる

22237_03

バナー広告で、よく見るやつです!1枚の画像に、わかりやすく刀狩りのキーワードが盛り込まれています。

ヴァスコ・ダ・ガマをバナー広告にしてみる

22237_04

刀狩りと同じバナー広告ですが、こんなデザインもよく見ますよね。不思議と、ヴァスコ・ダ・ガマが、一攫千金を成しえた人に見えてきます。

自撮りする聖徳太子

22237_05

笏(しゃく)を自撮り棒にするとは…。その発想はなかった。

他にも、「敵に塩を送る」を詐欺メール風にしたネタや、徳川将軍の恋愛ゲームなど、奇想天外な妄想を爆発させたネタが盛りだくさん。手にとってじっくり読んでみてください!

出典
@numrock

Share Tweet LINE コメント

page
top