grape [グレイプ]

「ちゃんと水分とってたんだけど」 脱水症状の患者が飲んでいたモノに、ギョッ!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2018年7月、猛暑によって各地で体調不良を訴える人が相次いでいます。

暑い時期に気を付けたい症状の1つに、ノドの渇きや頭痛などを引き起こす脱水症状があります。

予防としては「こまめに水分補給をすること」が大切なのですが…。予防に関して間違った認識をしている人が、たくさんいることをご存知ですか。

「酒で水分補給した」は間違い!

医療従事者であるエレ子(@fppraroifu)さんの元に、脱水症状と思われる状態でやって来る人たち。

※写真はイメージ

診察で「なぜ水分補給をしなかったのか」と聞かれ、こんな言葉を口にするといいます。

「水分は、ビールを飲んでいました」

※写真はイメージ

脱水症状を起こした人たちは、ビールを飲んで水分をとったつもりだったといいます。しかし、それはとんでもない思い違い!

患者たちの意見を受け、エレ子さんは次のような呼びかけをネット上に投稿しました。

なぜビールは水分補給の役割を果たさないのでしょうか。環境省によると、アルコールには次のような効果があるといいます。

なお、どのような種類の酒であっても、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排泄してしまうため、汗で失われた水分をビール等で補給しようとする考え方は誤りです。

一旦吸収した水分も、それ以上の水分とともに、後に尿で失われてしまいます。

環境省『熱中症環境保健マニュアル 2018』 ーより引用

つまり熱中症や脱水症状などの予防として、アルコール飲料で水分補給するという考えは誤り

エレ子さんの投稿に、ネット上では「知らなかった」「今後は気を付けたい」といった声が相次ぎました。

「ビールなどのアルコール飲料を飲む際は、水分をたくさんとりながら楽しんでほしい」と訴えるエレ子さん。

一人ひとりが正しい知識を得た上で、暑い季節に引き起こしやすい症状の予防を心がけたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@fppraroifu環境省ホームページ

Share Tweet LINE コメント

page
top