grape [グレイプ]

宮崎駿監督 ジブリ新作映画『君たちはどう生きるか』公開はいつ? 盟友・高畑勲氏の関係とは?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』などなど…。

挙げれば切りがないほど、数々の名作を世に生み出してきたアニメ映画の巨匠・宮崎駿監督。

日本はもちろん。世界中に多くのファンを持ち、長きにわたって私たちに感動と夢を与え続けてくれています。

そんな宮崎駿監督の生い立ちやジブリ設立までの経緯、さらに、盟友・高畑勲さんとの関係性や、新作映画についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

宮崎駿監督ってどんな人?

まずは、宮崎駿監督のプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1941年1月5日

出身地:東京都文京区

血液型:O型

所属:株式会社スタジオジブリ代表取締役

宮崎駿監督は、4人兄弟の次男として生まれます。

実家が、飛行機の部品を製作する『宮崎航空興学』という、数千人規模の従業員が働く工場を経営していたため、かなり裕福だったそうです。

幼少期は、体が弱く運動が苦手でしたが、絵を描くことが得意。手塚治虫さんなどの漫画が大好きな少年だったそうです。

高校3年生の時に観た日本発のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』に感動して、アニメーションに関心を持つようになります。

その後、学習院大学に進学してからも漫画家を目指していましたが、アニメーションの世界に進むことを決意。

学習院大学卒業後の1963年には、アニメーターとして東映動画(現・東映アニメーション)に入社しました。

その後いくつかのプロダクションを経て、1978年にTVアニメ『未来少年コナン』(NHK)で初の演出を手掛けます。

翌年1979年には、『ルパン三世 カリオストロの城』で、劇場映画監督デビューを果たし、1984年には、個人事務所『二馬力』を設立。また同年には、映画『風の谷のナウシカ』のヒットにより、アニメーターとして広く世間に知られるようになります。

そして1985年、盟友・高畑勲さんらとスタジオジブリを設立。

その後は、『天空の城ラピュタ』をはじめ、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『もののけ姫』など、子どもから大人まで幅広い支持を集める名作を次々と生み出し、日本アニメ界の第一人者として確固たる地位を築きます。

2001年の『千と千尋の神隠し』では、『アカデミー賞長編アニメ賞』や『ベルリン国際映画祭金熊賞』、『日本アカデミー賞作品賞』など、国内外の映画賞レースを総なめ。海外でも高い評価を獲得し、日本アニメの地位向上に大きく貢献しています。

宮崎駿監督が引退を宣言! 後継者の長男・宮崎吾朗はどんな人?

2013年、当時最新作であった『風立ちぬ』を最後に、引退を宣言した宮崎駿監督。

その後継者として名前が挙がっていたのが、長男の宮崎吾朗さんでした。

宮崎吾朗さんは、1967年1月21日生まれ。大学卒業後、建設コンサルタントを経てスタジオジブリに入社し、2001年から『三鷹の森ジブリ美術館』の初代館長を務めました。

そして、2006年に公開された映画『ゲド戦記』では、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫さんの推薦で、まったくの未経験ながら、初めてアニメ映画の監督を務めることになります。

それまでアニメーターの経験がない宮崎吾朗さんに対して、「監督どころか絵もまともにかけないだろう」と宮崎駿監督は思っていたそうです。しかし、宮崎吾朗さんが描いた竜と主人公を見て、その完成度に黙り込んでしまったというエピソードも。

その後、宮崎吾朗さんは2011年に公開された『コクリコ坂から』、2014年放送のTVアニメ『山賊の娘ローニャ』でも監督を務め、活躍しています。

なお、引退を宣言した宮崎駿監督ですが、2017年に撤回しています。

宮崎駿監督とライバルであり盟友 故・高畑勲氏との関係は?

映画『火垂るの墓』や遺作となった映画『かぐや姫の物語』など、数々の名作を世に生み出した亡き映画監督の高畑勲さん(2018年4月5日没)。

長年にわたり日本アニメーション界をけん引してきた人物であり、また、宮崎駿監督と二人三脚で、多くの名作アニメを制作してきた、ライバルであり盟友でした。

そんな2人の運命の出会いは、1963年。

当時22歳の宮崎駿監督がアニメーターとして、東映動画(現・東映アニメーション)に入社した時のこと。5歳年上の高畑勲さんと宮崎駿監督は、よき先輩と後輩という間柄だったそうです。

1968年には、高畑勲さんが初めて監督を務めた映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』で、タッグを組みます。『太陽の王子 ホルスの大冒険』は商業的にはあまり振るわなかったものの、当時として最高峰のアニメ作品だったそう。後々、大きな評価を受けます。

その後2人は、共にいくつかの制作会社を経て、TVアニメ『アルプスの少女ハイジ』や映画『風の谷のナウシカ』などを制作。

そして1985年、高畑勲さんの提案をきっかけに、スタジオジブリが設立されることになります。

スタジオジブリの初仕事となる1986年の『天空の城ラピュタ』でも、プロデューサーと監督という立場でタッグを組み、映画を大ヒットさせました。

宮崎駿監督は、2018年5月15日に東京の三鷹の森ジブリ美術館で行われた高畑勲さんを偲ぶ『お別れの会』で、共に苦労を経験し、夢を追いかけてきた盟友との思い出や、胸に秘めた想いを以下のように語っています。

パクさん(高畑勲さん)は、95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。

自分にもあんまり時間がないんだなあと思う。

9年前、私たちの主治医から電話が入った。「友達なら、高畑監督のタバコをやめさせなさい」と真剣な怖い声だった。

主治医の迫力に恐れをなして、僕と鈴木さんは(鈴木敏夫プロデューサー)、パクさんとテーブルを挟んで向かい合った。 姿勢を正して話すなんて、初めてのことだった。

「パクさん、タバコをやめてください」と僕。「仕事をするためにやめてください」これは鈴木さん。

弁解やら反論が、怒濤のように吹き出てくると思っていたのに、「ありがとうございます。やめます」パクさんはキッパリいって、頭を下げた。

そして本当にパクさんは、タバコをやめてしまった。僕は、わざとパクさんのそばへ、タバコを吸いに行った。「いい匂いだと思うよ。でも全然吸いたくなくなった」とパクさん。

彼のほうが役者が上だったのであった。やっぱり95歳まで生きる人だなあと、僕は本当に思いました。

スタジオジブリを支えた二本柱の2人。

共に歩んできたその長い道のりの途中には、相容れない時期もあったそうですが、お互いをよきライバル・盟友として認め、競いあっていたからこそ、たくさんの名作を世に送り出せたのでしょう。

ちなみに、『お別れの会』の様子がTVで放送された時、宮崎駿監督が高畑勲さんのことを「パクさん」と呼ぶのはなぜだろう、と視聴者から疑問の声が上がりました。「パンをパクパク食べるから」という理由で、周囲の人たちが呼び始めたのがきっかけとのことです。

宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』の公開年は?

現在、宮崎駿監督は、新作映画の制作に取り掛かっているといいます。

新作のタイトルは、『君たちはどう生きるか』

この作品は、1937年にジャーナリストの故・吉野源三郎氏が発表した作品からタイトルを取ったそう。

詳しい内容は明かされていませんが、現代の若者たちに向けた映画とのこと。ジャンルでいうならば、「冒険活劇ファンタジー」だそうです。

2017年の時点で、「完成にはまだ3、4年かかる」と宮崎駿監督が話しており、映画の公開は2020年から2021年ごろになると予想されます。

宮崎駿監督の待望の新作がお披露目されるのは、まだ先のようです。楽しみに待ちましょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
スタジオジブリ

Share Tweet LINE

page
top