grape [グレイプ]

玄関チャイムに対応する祖母に起こった『恥ずかしい出来事』 孫の面倒を見ていた時…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:ゆめぞうと愉快な仲間たち

10歳になる育ち盛りのの双子を育てる、ママブロガーのゆめぞうさん。

ゆめぞうさんの母に起こった恥ずかしい出来事について、ブログに投稿しました。

母に起こった『恥ずかしい出来事』

ある日、ゆめぞうさんの息子2人は祖母の家で遊んでいました。

元気いっぱいな2人は、いつものように外へ。きっと、近所の公園などに向かったのでしょう。

それから間もなくして、祖母の家の玄関チャイムが鳴りました。

ゆめぞうさんの息子2人は、遊ぶものを取りに戻ったり、聞いてほしい話があったりすると玄関のチャイムをいつも鳴らすのだとか。

そのため、祖母は「きっと2人ね!」と思い、『おばあちゃんモード』で玄関を開けたのですが…。

玄関に立っていたのは孫ではなく…知り合い!

少しふざけた口調で対応してしまい、祖母は恥ずかしい思いをしてしまいました。とはいえ、これが宅配便の配達員だったら、もっと恥ずかしかったことでしょう。

仲良しの知り合いでまだよかった^^;

郵便屋さんとかだったらちょいとばかり恥ずかしかった!(まあ、本人はあまりそういうことを気にするタイプではありませんが。)

ゆめぞうと愉快な仲間たち ーより引用

祖母の恥ずかしい出来事について、そうつづったゆめぞうさん。

『おばあちゃんモード』の口調を聞いて、知人は祖母と孫との仲のよさを感じ、癒されたのではないでしょうか!


[文・構成/grape編集部]

出典
ゆめぞうと愉快な仲間たち

Share Tweet LINE コメント

page
top