grape [グレイプ]

汚物を近づけられた! 宇多田ヒカルの訴えに、母親たちが共感

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

1998年にデビューした、歌手の宇多田ヒカルさん。

1stシングルである『Automatic』は累計販売数200万枚を越え、衝撃のデビューを飾りました。彼女の人気は、いまなお衰えることがありません。

そんな宇多田さんがTwitterに投稿した、あるエピソードが話題になっています。

奇想天外な行動!

宇多田さんは、歌手と同時に一児の母でもあります。

現在、子育て奮闘中!

まだ幼い息子のトイレトレーニングをしているそうです。

子どもが、紙おむつから離れてパンツをはけるように、段階を踏んで教えていくのは大変なもの。

その分だけ、子どもの成長が見えると嬉しいのですが…。

なぜソレで母の顔を拭こうとする!

「必死で抵抗した」という宇多田さんに、多くの人がコメントを寄せました。

  • こんなの、笑うわ!
  • 可愛いやら危ないやら…。
  • 拭くのが楽しいお年ごろ。
  • ママのことも拭いたら、もっとほめてもらえると思ったんだろう。
  • 当たり前の抵抗!
  • もしかしたら、「ちゃんと拭けたよ」と広げて見せたかったのでは?至近距離だったけど。

子どものトイレトレーニングは、多くの母が苦労して通ってきた道。

でも、まさかこんな戦いがあるとは、驚きですね。

宇多田さんの母としての顔を、もっと知りたくなるエピソードでした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@utadahikaru

Share Tweet LINE