grape [グレイプ]

店員に「私じゃない人ですよね?」と聞かれた川谷絵音 『切り返し』に笑う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ある日、コンビニエンスストアに買い物に行った、バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さん。

店員に突如、「名前をど忘れしたんですけど、『私じゃない人』ですよね?」と声をかけられたといいます。

『私じゃない人』とはなんとも奇妙な言いかたですが、これは『ゲスの極み乙女。』の曲『私以外私じゃないの』をもじったものでしょう。

名前は忘れても、川谷さんの顔と曲はなんとなく覚えていたようです。

川谷さんの曲ですから、通常なら「はい」と答えることろですが…。

店員の質問を言葉の通りに受け取った川谷さんは、「私は私だ」と考えて「いいえ」と回答。

「『私以外私じゃないの』の人」と表現していれば「はい」といってもらえたかもしれません。

川谷さんのとっさの受け答えに、多くの人が笑ってしまいました。

・声を出して笑いました。とっさの判断が素晴らしい。

・『私じゃない人』とは、禅問答のようですね。

・その切り返しができる頭の回転がすごい。

・『私じゃない人』って表現は新しいですね。

また、『私じゃない人=店員ではない人』という意味で「『はい』と答えても正解だったのでは」という声も上がっていました。

『私じゃない人』という言葉を主観的に受け取るか、客観的に受け取るかで答えは変わってくるのかもしれません。

まるで哲学のようなやり取りに、頭に「???」が浮かんでしまいますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@indigolaEnd

Share Tweet LINE コメント

page
top