grape [グレイプ]

「45年生きてて初めて!」 絆創膏に感動した黒人男性その理由に考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ケガをした時、普段何気なく使っている絆創膏。

ある男性が投稿した、1枚の『絆創膏』が指に巻かれた写真とコメントが「深く考えさせられる」と海外で話題になりました。

涙をこらえるほど感動した絆創膏とは

絆創膏を使う時、何も疑問に思うことなく市販されているものを使用する人が多いでしょう。ですが、そんな普段使っている商品で心が傷付いている人もいます。

アメリカに住むドミニク・アポロンさんは、自分の手を撮った写真をTwitterに投稿。50万人以上が共感しました。

その理由とは…。

45歳になったけど、『自分の肌の色の絆創膏がある』ということが、どんな気持ちなのかを人生で初めて知りました。

1枚目の写真では、絆創膏の存在にまったく気付かないですよね。本当に涙をこらえています。

@ApollonTweets ーより引用(和訳)

アポロンさんが、絆創膏に感動した理由は、自分の肌に合った絆創膏に出会えたからでした。

1枚目の写真では、一見するとどこに絆創膏を貼っているのかが分かりません。

手元が大きく写った2枚目で、小指に絆創膏を貼っていることが分かります。

45年の人生で初めて出会った、自分の肌に合う絆創膏。この時の心境を、アポロンさんは次のように語りました。

このような絆創膏が存在していることは知っていました。

けれども実際に使い、自分の肌の色と調和するのを見て、こんなに複雑な感情になるとは思いませんでした。

これまで1000回以上、絆創膏を使ってきましたが、子どもの時から『自分の肌の色とは違う絆創膏』を使うことが、『普通』だと思っていました。けれどもこれって、自分で与えた差別でしょう。

@ApollonTweets ーより引用(和訳)

自分の肌色に合わない絆創膏を使うことが『普通』だと考えていたアポロンさん。

しかし、「このように思い込むことは、勝手に自分自身を縛っているのだ」と気付いたといいます。

また、黒人の肌の色に合う商品が販売されていることから、アポロンさんは「世間に自分の存在を認められている」と感じたとのこと。

そして、1つの商品を通して、同じ人種の一体感に包まれたのです。

この投稿で、多くの人々に誰かを愛することや反省、共感をうながし、そして意識的な行動をさせることができて嬉しいです。

このような些細なことでも、考えることで差別を乗り越えることができるでしょう。そういうことができたらいい結果になると思います。

@ApollonTweets ーより引用(和訳)

今回、アポロンさんが投稿した写真やコメントが、多くの人に『普段使用している商品と肌の色』を考えさせるきっかけとなりました。

この投稿にさまざまなコメントが寄せられています。

・絆創膏は私が子どものころ、初めて人種を意識したものでした。

・これは病院や学校に置いておきたいアイテムですね。

・すぐに欲しいと思いました。

多様性が認められつつある世の中。

ですが、社会が変わり始めても、本人が自分自身の中にある『差別を受け入れて当たり前』という認識から抜け出せないことも。

自分や周囲の意識を変えるのは、簡単ではありません。ですが、アポロンさんの投稿は多くの人に気付きを与えるきっかけになったことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ApollonTweets

Share Tweet LINE コメント

page
top