grape [グレイプ]

息子を殺害した父親の供述に、考えさせられる 「他人事じゃない」「やるせない…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

写真は川崎市の事件のもの

2019年6月1日に東京都練馬区で起こった、実の父親が息子を殺害した事件。

70代の父親は包丁で40代の息子を数十か所刺し、自ら「息子を刺殺した」と通報しました。

警察の調べによると、40代の息子は同年5月に帰省し、容疑者や母親に対し何度もトラブルを起こしていたといいます。

容疑者は「(被害者は)ひきこもりがちで、家庭内では暴力や暴言があった」と説明。「身の危険を感じた」とも供述し、練馬署は家族間にトラブルがあったとみている。

事件の数時間前には、近所の小学校であった運動会の音がうるさいと腹を立てた被害者と、容疑者が口論になったという。

産経ニュース ーより引用

息子の命を奪った父親の供述に、「考えさせられる」の声

産経ニュースによると、容疑者は「川崎市の20人殺傷事件が頭に浮かび、息子が周囲に危害を加えないようにしようと思った」と供述していたといいます。

同年5月28日、神奈川県川崎市で起こった痛ましい刺殺事件。50代の男性が刃物を持って無差別に襲い掛かり、小学6年生の児童と39歳の男性が死亡しました。

この無差別事件に対し、ネットからは「死ぬなら1人で死ね」といった過激な言葉が頻発し、ワイドショーでも取り上げられました。

川崎市の事件についての報道を耳にするたびに、容疑者は「息子は将来どうなるのか」と不安を覚えたのかもしれません。

容疑者の供述に対し、ネット上ではいろいろな意見が上がっています。

・タイミングから、川崎市の事件に関係ありそうな気はしていた。息子の将来を想像して不安になったのでしょう。自分は責められない。

・「他人に迷惑をかけるなら、いっそ自分の手で」という気持ちだったんだろうか…。殺人はいけないけど、想像するといたたまれない。

・不安は分かるけど、他人の殺人を自分の殺人の理由にしちゃダメだよ…。

・息子に手をかけるなんて、苦渋の決断たっだと思います。もし自分だったら、どうしていただろう。

・引きこもっていて、難しい性格の子どもを持つ多くの親の悩みなんじゃないかな。どこか相談先はなかったんだろうか。

事件や事故が起こった時、加害者の罪は『家族も背負うもの』とされることがほとんどです。

また、報道を耳にして、自分の家族が事件や事故を起こした場合を想像したことがある人は少なくないでしょう。

確かに、殺人は許されざる行動です。しかし、容疑者の供述に多くの人が「他人事ではない」と考えさせられたようです。

痛ましい事件が起こった際、根本的な原因をしっかりと理解し、悲劇を繰り返さないよう社会が対策をとらなければなりません。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top