grape [グレイプ]

「私が君のお母さんだよ」ダウン症を持つ女の子を迎えた夫婦の反応に、胸が熱くなる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:YouTube

アメリカのテキサス州にあるジョージ・ブッシュ国際空港を訪ねた夫婦、オードリー・シュークさんとブラント・シュークさんは特別な人を待っています。一生をともにする、大切な家族を迎えるためです。

15203_01

出典:YouTube

テキサス州のウッドレンズに住んでいるシューク夫婦は、結婚をする前から「養子を迎えたい」という願いがありました。特に、ダウン症を持つ子供を見守りたかったそうです。

そんな中、2人はネットを通して6歳の女の子、ルーシーの姿を見かけます。ダウン症を持つルーシーは、生まれてすぐ家族から捨てられ、孤児院で暮らしていました。

2人が見ていた映像には、ルーシーが歌ったり踊ったりする姿が映っていたそうです。愛らしその姿に、2人は空から降りて来た天使のようだったと伝えました。

そうして、シューク夫婦はルーシーを家族にしたいと決心したのです。

15203_07

出典:YouTube

夫婦がルーシーに出会えたのは、中国の障がいを持つ子供たちをサポートしている「Great Wall China Adoption」というアメリカの団体です。この団体は、新しい家族を必要とする子供たちと、養子を迎えたい家族たちを会わせるキャンペーンを行いました。

団体の関係者、フィリップスさんはこう話します。

この子たちは一生、養子になることを待ちながら孤児院で生きていきます。けれども、ほとんどは家族と巡り合えません。どうか、障がいを持つ子供たちにも関心をお願いします。

このキャンペーンは、子供たちが新しい家族に出会えるまで、4週間ほど一緒に暮らすという目的で開かれたそうです。嬉しいことに、すでに何人かの子供が養子に迎えられました。ルーシーもその一人。

15203_04

出典:YouTube

出典
Watch how this orphan reacts when she meets her new 'momma'

Share Tweet LINE