grape [グレイプ]

『交通事故に遭った女性の体験談』にゾッとする 命は無事だったけど?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ブロガーの仲恵麻さんが、交通事故に遭った時の様子を漫画化。

「私の漫画を通して『交通事故の恐ろしさ』を多くの人に理解していただけたら嬉しいです」とコメントし、多くの人に注意を呼び掛けています。

新米ママが交通事故に遭った話

ある日、仲さんは夫から用事を頼まれました。

当時、まだ生後8か月だった娘さんの検診が午後からあったため、仲さんは午前中に税務署での用事を済ませることにします。

道路が混雑している中、信号を渡った後、前の車に合わせて停止した仲さん。

すると、突然の衝撃が仲さんを襲います!

気が付いた時には、視界が一変していて…。

手の痛みから、仲さんは自分の身に起きた異変に気が付きました。

しかし、何よりも泣き叫んでいる娘さんの安否確認が第一。なぜならこの時、追突の衝撃で車のバックドアは大きくへこみ、娘さんを固定していたチャイルドシートに迫っていたのです。

間に後部座席の背もたれが挟まっていて、クッション代わりになったとはいえ、娘さんへの衝撃がどれほどのものだったのかは見当もつきません。

手の痛みをこらえながら、仲さんはなんとか助けを呼ぼうとします。

事故が起こったのは交番の目の前。すぐに警察や救急車などが動き、仲さん親子は検査のため近くの病院へ移動することになります。

病院に到着した時、あんなに泣いていた娘さんはご機嫌に。チャイルドシートがしっかりと守ってくれたおかげで、娘さんは無傷だったのです!

そのため、手が痛む仲さんだけレントゲン検査を受けたのですが、損傷している部分の具体的な特定はできませんでした。

出典
わたくしごとですが。

Share Tweet LINE コメント

page
top