grape [グレイプ]

押阪忍が語る 『奥の細道』収録の思い出〜その弐

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

立石寺

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

『奥の細道』その弐

松尾芭蕉の『奥の細道』朗読作品の収録で、改めて調べたり読んだりして深く心に刻まれたつたない感想文です。

月日つきひ百代はくたい過客かかくにして、行かふ年も又旅人也たびびとなり

この書き出しで始まる芭蕉の『奥の細道』は、東北 北陸道 およそ1,900キロを140日余りをかけて旅をした『漂白の詩人』の優れた紀行文であり、崇高な文学作品でもあります。

江戸を出発した芭蕉は、先ず日光で「あらたふと青葉若葉の日の光、平泉では、夏草やつわものどもが夢の跡」、山形では、「五月雨を集めて早し最上川」など数々の名句を残します。そして同じ山形の立石寺りっしゃくじで、あの有名な句を残すのですが、あの句が完成するまで、芭蕉は、深閑しんかんとした山寺の風景と相対峙しながら、かなり もがき苦しみ難渋した…と監修者から聴きました。

山寺や 石にしみつく 蝉の音、さびしさや 岩にしみつく蝉のこえ…など数句を作るのですが、紀行文には載せていないのです。名句誕生前には、格闘といってよいほどの 苦しみがあったのかも知れませんね。

では、その山寺とは どんな光景だったのでしょうか。芭蕉が綴ったその山寺の情景と、熟考に熟考を重ね、やっと納得して心に決めた あの名句です。

山形領に立石寺といふ山寺あり。(中略) 山上の堂に登る。岩にいわおを重ねて山とし、松柏しょうはくとしふり、土石どせき老いてこけなめらかに、岩上がんしょうの院々とびらを閉ぢて、物の音聞こえず。岸を巡り岩をひて、仏閣を拝し、佳景寂寞じゃくまくとして心すみ行くのみ覚ゆ。

しずかさや 岩にしみ入る 蝉の声

<2019年11月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2019年現在、アナウンサー生活61年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

出典
芭蕉自筆奥の細道

Share Tweet LINE コメント

page
top