grape [グレイプ]

お花見のブルーシートが目立ちすぎ! 畳柄のレジャーシートに「風情がある」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

風景の美しさを壊さないことを目的に作られた畳柄のレジャーシート『日本の風景を変える 畳シート(以下、畳シート)』が注目を集めています。

ブルーシートが目立ちすぎる!

通販サイト・フェリシモが展開するブランド『YOU+MORE!』から通販されている畳シートは、畳柄の紙製レジャーシート。

裏面は樹脂加工されているため、濡れた地面でも使うことができます。

本物の畳と見間違うほどのリアルな作りの畳シートは、広げると京間1畳のサイズ。たためばコンパクトになるので、持ち運びも簡単です。

なぜ、このような見た目のレジャーシートが誕生したのか…そこには開発担当者のこだわりが詰まっていました。

畳シートは、企画担当者が入社する前の学生時代から考えていたアイディアで、なんと構想から商品化まで足かけ6年もかかっているといいます。

きっかけは企画担当者が子供の頃に初めて行ったお花見。

「桜を見に来たのに、ブルーシートが目立ちすぎている…」と衝撃を受けた開発担当者は、その風景をなんとかしたいと畳シートを開発しました。

実際にブルーシートと畳シートを敷いたお花見では、こんなにも雰囲気が異なります。

和の風情を感じられる畳シートに、多くのコメントが寄せられました。

・めっちゃ素敵な見た目ですね!

・ゴザみたいにボロボロにならないし、濡れた地面でも使えるのがいい。

・とっても風情がありますね。素敵なアイディア!

・1畳だと狭いので、せめて2畳にしてほしい。

日本の風景を楽しんでもらいたいという想いが込められた商品。発送は花見シーズン前の2020年2月下旬から3月下旬を予定しているそうです。

風情あるお花見をしたい人は、要チェックですよ。

日本の風景を変える 畳シート

価格:1枚 2200円
サイズ:縦・約191㎝ 横・約95.5㎝


[文・構成/grape編集部]

出典
@youmore_tw

Share Tweet LINE コメント

page
top