grape [グレイプ]

押阪忍が語る 『奥の細道』収録の思い出〜その参

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本三景 松島 雄島

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

『奥の細道』その参

江戸を発った芭蕉は「五月雨を集めて早し最上川」、「しずかさや岩にしみ入る蝉の声」など 数々の名句を残すのですが、なぜか天下の景勝地、宮城県の松島の句がないのです。これは俳諧の世界でも『謎』とされているようです。

「松島や ああ松島や 松島や」これは江戸時代の狂歌師 田原坊たはらぼうのもので、芭蕉の句ではありません。 ではなぜ芭蕉は 日本三景の1つ絶景の松島で句作をしなかったのでしょうか。

日本三景松島

中国の古語で、絶景の前では「口を閉じる。黙して語らず」という文言があり、これが謎解きの1。謎解き2は、名勝松島を一望した時、芭蕉はその高揚した感動を次のように描写しているのです。

松嶋逍遥 そもそも、松嶋は、扶桑ふそう第一の好風こうふうにして、をよそ、洞庭どうてい西湖せいこはじず。東南より、海を入て、江の中三里うちさんり浙江せっこうの、うしおをたゝふ。嶋々しまじまの数を尽して、そばだつものは 天をさし、ふすものは波に葡蔔ばらばら。あるは二重ふたへにかさなり、三重みえに畳みて、左にわかれ、右につらなる。おへるあり、いだけるあり。児孫じそん愛すがごとし。松のみどりこまやかに、枝葉しよう汐風しおかぜふきたはめて、屈曲をのづから、ためたるがごとし。その景色窅然ようぜんとして、美人の、かんばせよそおふ。千早ちはやぶるかみのむかし、大山おおやまずみの、なせるわざにや。 造化ぞうくわ天工てんこう、いづれの人か、筆をふるひ、ことばつくさむ。

何という素晴らしい筆致の描写力なのでしょうか。同じ表現を2度使わない語彙力。名勝松島が、華やかに鮮やかに眼前に浮かび上って参ります。芭蕉はこの松島の描写に全力を使ったと云われ、その実況描写?の後に句作をすると、どうしてもことばが重複し、屋上屋を重ね、句の力が失われる… と敢えて口を閉じたと言われております。

瑞宝の丘より松島を望む

でも私ども日本人としては名勝『松島』の二文字の入った俳聖松尾芭蕉の句は、やはり一句は欲しかった、と思っているのですが…。

<2019年11月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2019年現在、アナウンサー生活61年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top