grape [グレイプ]

『驚異の殿堂 ドン・キホーテ』の店員 故障した電動自転車を見て神対応

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

お笑いコンビ『パー&ナー(パートナー)』として活動後、現在は女優や作家などマルチに活躍している星川かつらさん。

2019年12月28日にブログを更新し、親切な店員との出会いを投稿しました。

客に寄り添う『驚異の殿堂 ドン・キホーテ』

約7年前に、中野から銀座まで自転車で通うため、電動自転車を購入した星川さん。

その自転車を愛用していたのですが、最近は調子が悪くなりペダルが空回りするようになっていました。乗っているとたまに危ない時があるので、星川さんは電動自転車を修理に出すことにします。

しかし、直そうにも電動自転車のメーカーはすでに業務を撤退。自転車の整備をしている店に持って行っても、どこもお手上げ状態でした。

そのためしばらく不調な電動自転車に乗り続けていたのですが、稽古場に行くため自宅を20分早く出る日々にストレスを感じます。

『ドン・キホーテ』の店員

時間の無駄をなくすため、ある日、星川さんはダメもとで総合ディスカウントショップ『ドン・キホーテ』の自転車売り場に電動自転車を持って行きました。

すると、店員は電動自転車のどこがどう壊れているのか、またなぜ直せないかをしっかりと教えてくれたそうです。店員の親切な対応に、星川さんは心動かされました。

結果として廃棄したほうがいいと分かり、電動自転車を買い替えることに。

その際、「店員は自社ブランドではなく、私にあった電動自転車をちゃんとオススメしてくれた」とのこと。

店員の誠実な対応に感銘を受けた星川さんは、ブログで次のようにつづっています。

情熱価格だけでなく、本当に情熱で接客して下さいました!!
ドンキホーテ、新宿職安通り店の自転車売り場の方は情熱あります

今度買い換えるときはドンキホーテで買います。
貧乏劇団員はすぐにはお買い物出来ないのです

星川かつらオフィシャルブログ ーより引用

ドン・キホーテの自転車売り場に行っても、電動自転車が直ることはありませんでした。ですが、きっと星川さんにとって本当に必要だったのは『愛着のある電動自転車との別れに納得できるかどうか』だったのでしょう。

店員の親切な対応があったからこそ、心穏やかにお別れを決意できたのです。

接客の大切さに改めて気付かされる出来事ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
星川かつらオフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top