grape [グレイプ]

出雲大社が『お賽銭の金額』にズバリ 「素晴らしい言葉」と称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

出雲大社のウェブサイトには、多くの人から寄せられる質問に回答する『よくあるご質問』のページがあります。

質問は出雲大社についてのものや、神様についてのものなど、いろいろです。

その中には、きっと誰もが一度は考えたことがある、このような質問も。

「お賽銭の金額は決まっていますか?」

神社を参拝する際、賽銭箱に小銭を投げ入れて願い事をしたり、神様に感謝の気持ちを伝えたりしますよね。

では、賽銭の金額はいくらがよいとされているのでしょうか。出雲大社の回答をご覧ください。

お賽銭を5円にすると「ご縁がある」とか、「二重にご縁があるように」と25円、「始終ご縁があるように」と45円、「これ以上の硬貨(こうか=効果)はない」と500円などと、ガイドの方がおもしろおかしく話を作って案内されるのを聞くことがあります。

これは、まったく根拠のないおもしろおかしくしようとの“ためにする”語呂合わせにすぎません。

大切なのは神様に対して真摯な気持ちでお祈りをし、その気持ちをもって日々の生活を送ることです。祈りの心はお賽銭の金額によって、まして変な語呂合わせで左右されるものではありません。

よくあるご質問 | 出雲大社 ーより引用

きっと多くの人が「賽銭は5円がいい」というジンクスを信じているでしょう。しかし、出雲大社はこういった『語呂合わせマナー』を否定。

賽銭で一番大切なのは神様に対する感謝の気持ちであり、金額は関係ないと説きました。

一般的に、お賽銭は神様へのお供えや祈願成就のお礼として、感謝の気持ちを込めて奉納するものとされています。

語呂合わせや「大金になるほど効果があるはず」といった考えよりも、想いのこもった賽銭の方が神様も喜ぶのではないでしょうか。

※写真はイメージ

出雲大社の回答はネットで話題になり、「正論すぎる」「語呂合わせは後付けだよね」といった声が上がりました。

とはいえ、験担ぎをすることが悪いわけではありません。神様への感謝の気持ちを持って験担ぎをするのは問題ないでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
出雲大社

Share Tweet LINE コメント

page
top