grape [グレイプ]

藤井聡太七段と羽生善治の勝負の結果は!? 聖火ランナーにも選ばれた!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

藤井聡太

プロの将棋棋士として活躍している藤井聡太(ふじいそうた)さん。素晴らしい将棋の才能で、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな藤井聡太さんの成績や王将戦についてや、これからの予定といったさまざまな情報をご紹介します!

藤井聡太さんは、2017年4月に非公式戦で羽生善治さんと対戦。羽生善治さんは25歳で将棋界の全タイトルを同時独占した天才棋士。将棋界のラスボスといえる羽生善治さんとの戦いは、なんと藤井聡太さんの勝利でした。

左から羽生善治の人形と藤井聡太の人形 2018年

左から羽生善治の人形と藤井聡太の人形 2018年

次に藤井聡太さんと羽生善治さんが対戦したのは『第零期 獅子王戦』です。将棋漫画『3月のライオン』の映画化に伴い行われた非公式戦でした。結果は羽生善治さんの勝利。

2人が激突した公式戦は2018年2月に行われた『朝日杯準決勝』。今回は藤井聡太さんが勝利。そのまま決勝の相手になった広瀬章人さんを下し、史上最年少で優勝を飾りました。

藤井聡太さんは2019年10月に行われた『大阪王将杯王将戦 挑決リーグ』でも羽生善治さんに勝利しています。

藤井聡太さんと羽生善治さんについて詳しくは、次の記事をご覧下さい。

藤井聡太さんは、5歳で将棋を始め8歳で『詰将棋解答選手権』に出場しています。プロ将棋棋士の養成機関である『奨励会』に入ったのは2012年9月、弱冠11歳の時でした。

プロ入りは2016年です。加藤一二三さんが持っていた史上最年少プロ入り記録を63年ぶりに更新。12月のデビュー戦では加藤一二三さんと対戦、初勝利を飾りました。

※写真はイメージ

藤井聡太さんは初勝利以来2017年7月まで29連勝を続けます。史上最年少の中学生プロ将棋棋士、そして連勝の快挙に藤井フィーバーが起きました。対局速報をリアルタイムでチェックする人も多数。

藤井フィーバーは『忖度』や加藤一二三さんの愛称『ひふみん』とともに2017年の新語・流行語大賞にノミネートされています。

藤井聡太さんは2018年2月に、同月内で段位を2つ上げる快挙を成し遂げました。さらに3か月後の5月にはまた昇進を決め、61年ぶりに七段昇進の最年少記録を更新しています。

藤井聡太 2018年昇段記録

  • 2月1日  五段昇進
  • 2月17日 六段昇進
  • 5月18日 七段昇進(七段昇進最年少記録更新)

藤井聡太さんの史上最年少昇段記録について詳しくは、次の記事をご覧下さい。

2019年の藤井聡太さんは、2月に『朝日杯』で優勝。史上2人目となる朝日杯連覇を成し遂げました。さらに『詰将棋選手権』でも5連覇と輝かしい成績を上げています。

藤井聡太さんは加藤一二三さんの史上最年少のプロ棋士記録を破っています。加藤一二三さんは、藤井聡太さんがプロになった時の様子をツイッターで次のように投稿しました。

藤井聡太さんのプロ昇段に加藤一二三さんは『足の爪をはがしても痛さを感じない』ほど興奮したそう。数日後には、藤井聡太さんの棋譜(将棋の勝負で駒を動かした記録)を欲しがっていました。

藤井聡太さんは、2019年11月に『第69期大阪王将杯王将戦 挑戦者決定リーグ戦』に臨んだものの、広瀬章人竜王に破れています。

しかし12月に行われた『第61期王位戦予選決勝』では勝利し、タイトル『王位』への挑戦者決定リーグへ進んでいます。

明けて2020年、藤井聡太さんは朝日杯将棋オープン戦の本選に参加します。

藤井聡太さんはゲームの監修も行いました。Nintendo Switch用ゲームソフト『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』が、3月5日に発売予定です。

ゲームソフト『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』PV

藤井聡太さんは2020年東京オリンピック聖火ランナーとして、愛知県瀬戸市を走る予定です。

藤井聡太さんは史上最年少のプロ棋士になり、素晴らしい記録を作り続けています。これからさらに実力を高め、羽生善治さんや加藤一二三さんといった先人に続く存在として将棋界をリードしていくことでしょう。藤井聡太さんに期待が集まっています!

生年月日:2002年7月19日
出身地:愛知県瀬戸市
血液型:A型

5歳で将棋を始め8歳で『詰将棋解答選手権』に出場。2012年9月、11歳で『奨励会』入会。2016年にプロ入りし、史上最年少のプロ棋士位の記録を63年ぶりに塗り替える。同年の加藤一二三とのデビュー戦に勝利以来、翌2017年7月まで29連勝を続けた。2018年2月に五段、六段に進み、同年5月に七段昇進。


[文・構成/grape編集部]

出典
日本将棋連盟@hifumikato棋士・藤井聡太の将棋トレーニング】公式PV

Share Tweet LINE コメント

page
top