grape [グレイプ]

「コレは酷い」「地獄かよ」 個別指導の塾講師をした大学生 教える楽しさを感じるが…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

学生時代、さまざまなアルバイトをしていたえりた(erita_enikki)さん。

大学生の頃は友人に紹介された地方の個別指導塾で、塾講師として働いていたこともあるといいます。

その時のエピソードを描いた漫画をInstagram上に投稿すると、反響が上がりました。

塾講師のアルバイト

アルバイト先の塾では1コマ90分の授業内に、学年も科目も異なる4人の生徒を講師1人でいっぺんに指導しなければなりませんでした。

賃金が発生するのは授業時間内のみ。授業前の準備や、授業後の指導報告書作成・清掃などの時間は無報酬だったそうです。

不安を感じながらもなんとか準備をして、授業に臨んだえりたさん。

アルバイトの初日から生徒たちに『先生』と呼ばれ、純粋に嬉しかったといいます。

生徒ともすぐに打ち解け、教える楽しさを感じていたのですが…。

塾長はえりたさんのシフトをどんどん増やし、日に日に授業数も担当する生徒数も増えていきました。

中学生だけでなく、高校生にも教えることになり、授業準備や報告書作成の負荷もかかっていきました。

さらにえりたさんを悩ませていたのが、頭のいい中学生3人組。

授業中の私語を報告書で指摘をしたところ、保護者から逆に「指導の仕方が悪い」とクレームの電話が入ってしまいます。

そんな状況でえりたさんは少しずつ追い詰められ、「私アルバイトなのに、求めすぎじゃないの…?」と不満を募らせていったそうです。

出典
erita_enikki

Share Tweet LINE コメント

page
top