grape [グレイプ]

母に手紙をたくし、家を出た5歳娘 理由がかっこよすぎた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

竹村武司(@takemuramura)さんには、5歳の娘さんがいます。

ある朝、真剣な顔で「あたし出ていくね」と告げたという娘さん。続けて、こんな手紙を母親に託したのです。

ままへ
あたし でていくよ
だって ころなのくすりを がんばってさがしにいきます
おねがいします

娘さんが家を出ていったのは、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)を治す特効薬を探すため!

2020年1月から、世界中で流行しているコロナウイルス。多くの人々が困っている姿を目にした娘さんは、自ら現状を解決するために動くことにしたのでしょう。

竹村さんいわく、娘さんは勇者として旅に出たのち、わりと早めに特効薬を発見し、帰宅。その夜は満足したようにぐっすり眠ったのだそうです。

娘さんが手に入れたという、『ころなのくすり』がこちら!

とても効き目がありそう…!

娘さんの行動に対し、ネット上ではさまざまなコメントが寄せられています。

・なんてかっこよくて、素敵な娘さん!

・この薬があれば、もう問題ありませんね。娘さんの勇気に感謝します!

・泣けます。こんな勇者がいるのなら、日本は安泰です。

2020年3月現在、いまだ収束する兆しが見えないコロナウイルス。

娘さんの勇気と使命感あふれる行動は、コロナウイルスにまつわる騒動によって疲弊した、多くの人々を救ったに違いありませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@takemuramura

Share Tweet LINE コメント

page
top