grape [グレイプ]

自営業の家に嫁いだら『マタハラ』を受けた… 数年後の女性の変化に「よかった」「スッキリ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

結婚後、義実家との関係で悩む女性は少なくありません。

価値観の違いで衝突するほか、明確な悪意をもって『嫁いびり』をされることも。

モヤっとするマタハラのおはなし

ツムママ(tumutumuo)さんは、フォロワーから寄せられた義実家でマタニティーハラスメントを受けた女性のエピソードを漫画化。反響が上がっています。

マタニティーハラスメント(通称・マタハラ)とは、妊娠や出産を理由に解雇や降格、職場での嫌がらせをすること。自営業の家に嫁いだ女性は、力仕事を手伝わされていて…。

妊娠中、無理をしてはお腹の赤ちゃんに悪影響が出る可能性があります。それにも関わらず、義実家の人たちは妊娠前と変わらず女性を働かせ続けました。

もしかしたら、義祖母には同じように過酷な環境の中、お腹を抱えながら働いた過去があるのかもしれません。

「私が乗り越えたのだから問題ない」と思い込み、下の代の人にもあえて似たような環境を与える人は多いようです。

本来はつらい環境を引き継いでいくより、改善していくほうがいいはず。ですが、中にはその切り替えができない人もいるのでしょう。

そんな義実家の人々に働きかけ、「相手に変わってもらおう」と思うのは困難。女性は自分にできることとして、無理なことはキッパリと断るようになったのでした。

【ネットの声】

・最後にスカッとしました!

・強くなりたくなくても、母親は強くならざるを得ない…。

・前向きに行動できていて、すごいです!断るのは大切ですね!

何よりも、子供たちがいる自分の家庭を守れるかどうかのほうが大切。

「断る勇気が状況を変えることもある」と教えられるエピソードでした。


[文・構成/grape編集部]

出典
tumutumuo

Share Tweet LINE コメント

page
top